« 恭順なのか? | トップページ | Let's Note CF-R7のFAN交換 »

2013.05.18

TEXEL TEL-66T PTTスイッチ修理

Telex_tel66t

滑空場で使っている航空無線のマイク(TELEX TEL-99T)のPTTスイッチが壊れた。

状況はPTT部分のスライドスイッチのリターンスプリングの折損。
2極2回路でオン-モメンタリと言う構成で、メーカーはSwitchcraft Incと言う会社。
航空用の部品は最新鋭の電子部品から骨董品に近い部品まであり、素人でも簡単に修理が可能なものある。この修理はパーツさえあれば中学生の工作レベル。
今回はメーカー名を頼りにアメリカのパーツ通販を辿って、おそらくこれと言うパーツを見つけたので発注した。(本当にこの部品で良いかは未だ不明)

回路的には、PTTは単にGNDへ落とせばアクティブと言う簡単なもの。
マイクはコンデンサマイクでゲイン調整回路が入っているために、PTTがアクティブになったときに、回路のGNDをVHF無線のGNDへ落として、回路をアクティブにしている。
GNDで回路のON-OFFをしているが、常時マイクにDC電圧がかかってる機種もあるのだろうか?

5/21追加
20130521

アメリカからパーツが届き修理完了。あと二つ予備があるのでまだ修理可能。

(滅多に無いことなので備忘録として)

2013 05 18 12:54 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159/57408505

この記事へのトラックバック一覧です: TEXEL TEL-66T PTTスイッチ修理:

コメント

コメントを書く