« January 2013 | トップページ | May 2013 »

2013.02.06

今年の家族旅行・5日目

さて、今日は帰国日。
日本では大雪の警報が出ていて、朝からNEXが止まっている等々のニュースが流れている。
ちゃんと帰れるのか心配だけれど、航空関係の気象情報(METAR/TAF)を見る限り、成田がダメなような様子は無い。
そんなことで、電車が止まるのは無いだろう・・・・

と思いつつ、親父とホテルの浜辺を散歩しながら、クラブラウンジで朝食。

201302061

オレンジジュースに野菜サラダたっぷり、それに、チーズと卵焼き、ゆで卵、パン。
昨日までバタバタしていたので、今日の午前中は完全自由行動。
甥達家族はもう一度海へ行くと言って、朝食もそこそこに出て行った。
その他は、ラウンジでコーヒーを飲みながらのんびり。

結局、成田からのDELTAには何の問題も無くやって来て、普通に成田へ向かった。
日本が近くなって、高度を下げ始めると、さすがに雲が多く、雲海の中へ沈み込むように降下して、普通に着陸した。

201302062

空港で、甥達家族と別れ、親父、姉、姪と私がNEXで東京駅まで、姪と東京駅で別れ、軽井沢経由で自宅へ帰りつく。
勝手口のドアの鍵をかけるためにガチャガチャやっていると、中から猫の声が聞こえて来て、家へ上がると足元にまとわり着く。
さすがにさびしかったようで、まとわり着いたり、暖かい水をせがんだりと、甘えてくる。
ダイニングでいつも使っている椅子を見ると、今日の雪で汚れた後足の泥の後がそのまま残っている。
足が乾くまでずっと座って待っていたのだろう。

ご機嫌取りに、大好きなウエットのキャットフードをあげたり、グルーミングしてあげたりと、何時に無く留守番のお駄賃サービスをしてしまった。

201302063

我が家の家族旅行も、1999年の3月から数えて、10回Guamへ来た。
さすがに10回目は、いろいろな事情で2年空いたけれど、よくも続けられたものだと思う。

中学生だった姪と甥もいい歳になったし、爺さんと思っていた親父は本当に年寄りになった。
それでも、ここまで続けると、”家族旅行でGuamへ来る”と言うことが、当たり前の年中行事で、いろいろことをやりくり付けて、行くのが当たり前と言う感覚になるのが不思議だ。

ここ数回は、”もうこれが最後だ”と言いつつも、やっぱり、時期が来れば嬉々としている親父を見ていると、続けられるだけ続けられたらと思う。

2013 02 06 11:58 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.05

今年の家族旅行・4日目

丸一日使える日はもう、今日の二日目で最後。
ちょっと早起きしたので、親父とホテルのビーチを散策、朝飯をクラブラウンジで食べたら、忙しい一日が始まる。
今日は午前中は二班に別れ、甥達はショッピング。

201302051

グアムへ来たら、行かなければならないビーチがある。
それが、リティディアン・ビーチ。昔はこのビーチのさらに北に米軍用のビーチ(スターサンドビーチ)があって、軍の敷地内を通って行くツアーがあったのだが今は無い。Guamできれいなビーチと言ったらここが唯一だろう。
ただ、アクセス道路が極めて悪い。
姪と姉は泳ぎ、親父はステテコになって海に入り、記念に貝殻集めたして午前中の澄んだ光できらきらする海を楽しんだ。

201302052

昼にはホテルへ戻り、甥達と合流、空港ターミナルを滑走路を挟んで反対側にある、ローカルの中華のお店「ゴールデン・シー」へ。
まったく、ローカル向けの店なのでシンプルだけれど安くておいしいので我が家の家族がここが大好き。特に”ソルトアンドペッパーシュリンプ”は香ばしくて最高。
時間的にも12時代はローカルの人で満席になるけれど、1時近くなるとガラガラになり、気遣い無く食べられる。
店のオーナーのおばさんも良く覚えていてくれて、ちょっと嬉しい。

201302053

お昼をたべたら、すぐ近くの管制塔の下まで行って、観光のセスナを見に行く。
社長が居ればセスナの近くまで行って写真が撮れるのだがあいにくフライト中だったので、親父は残念そう。
仕方ないので、、14時台に入ってくるJALやDELTAがファイナル直下で見られないかと、車を回してみると、ちょうどDELTAがビジュアル・アプローチで入ってきたので、車を脇に寄せて、西の空を見る。勝手知ったるIFRアプローチ。直ぐに機影が見つかるので、したり顔で教えてあげて、写真を撮らせてあげる。

201302054

そんな間、甥達は海へ行きたくてうずうずしている。
どこへも寄らすにホテルへ戻ると、海へ。
甥達に親父を任せておいたら、親父も一緒に浜からけっこう遠くまで行ってしまったらしい。それを見ていた姪がさすがに心配になったようで、ずっとカメラ片手に監視員をしていたようだ。
親父も親父で、今日が最終日と思うと海は出るは、泳ぐはでちょっとがんばりすぎ?

201302055

ひとしきり、ビーチで遊んだら、カクテルタイム。
今日は西の空が湿気っぽいので夕焼けになる。

201302056

軽く飲んだら、ホテルの1Fの「ラ・ミランダ」へ。
予約は朝のうちに姪に取らせておいた。昔は何でもかんでも私がしなければいけなかったのだけれど、最近は姪がやってくれるのでありがたい。

201302057

”ホテルのレストランは高い”と思っていたのだが、たしかに以前は高かったのだが、日本の景気の悪さをそのまま引きずって、ハイアットでさえ安くなっていた。

安いと言うことは、リゾートに来た場合必ずしも良い訳では無い。
以前、初めてハワイに行った時、しばらく安いホテルに泊まってみて、つくづく嫌になった。
せっかく遊びに来ているのにケチったらケチった以上に楽しみが削がれるのだ。
そんなわけで、昨年のハワイは”したいことをする”と割り切った。

昔の「ラ・ミランダ」のビュッフェは食べきれないほどの選択があり、ちょっとメニュを減らして安くしても良いのではと思ったものだが、実際今回はそうなっており、そうなってみると決して味は落ちているとは思わないが、楽しみがそれ以上に削がれるのだ。

微妙なところだろうし、Guamみたいに安いことを売っている観光地でハイアットブランドはうまく機能しないのだろう。残念なことだ。

2013 02 05 11:22 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.04

今年の家族旅行・3日目

グアムへ来たら、行かなければならないのが、「濱本農園」
フルーツ・ビュッフェを楽しんで、お土産買って、帰ろうとしたら、社長の濱本さんが農場から戻って来られ、一緒に記念撮影。
話をしていたら、最近はじめた養蜂の話なり、蜜搾りの作業場を見せていただいて、絞る前のフレッシュ・トロピカル・蜂蜜を頂きました。
合宿用の宿泊施設も見せていただいて、親父は冬はこっちへ来て農業をするんだと、やる気満々。

02041

濱本さんのあとは、甥の希望で「ジェフズ・パイレーツ・コーブ」でハンバーガー。
さらに、必ず伺うチャモロビレッジの「チェ・ルー」。サイパン出身のご家族で、おばあちゃんは日本軍の病院の看護婦さんで日本で教育を受けたこともあったり、息子たちは軽井沢でホームステイしていたりで、親日一家。

今回の旅行は日程が短いので忙しい。
次は、プレミアムアウトレットでお買い物。

02042

一旦、ホテルへ戻って一休み。
クラブラウンジのカクテルタイムでちょっと飲んだら、今度は夕食。
「ロンスター」へステーキを食べに。
アメリカに来たら、やっぱりステーキ。と言って、最初の頃は頼みすぎて食べ切れなかったけれど、最近は量を見通して一日の食事の量やみんなでシェアできるような頼み方で楽しく満腹になれるようになった。

02043

2013 02 04 09:47 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.03

今年の家族旅行・2日目

Guamへの家族旅行なのに、二日目にしてまだ日本にいると言うのも余裕の旅行?

まぁ、親父がラウンジで遊びたいと言うのでホテルを早めに出て、空港のチェックインカウンターで甥家族と合流、ラウンジへ。

02031

搭乗近くになったら、機材の変更で15分ディレイ、さらに15分ディレイ、欠航するかな?とちょっと心配になったけれど、無事出発。
DL648便の最前列を我が家で押さえてGuamへ。

ホテルへ着くと早速プールへ出る甥家族、散策する年長組。

02032

それでも5時にはクラブラウンジでちょっと飲んで、街へ。
今回はハイアットを使っているので、繁華街へはすぐに出られる。

DFS等々に寄りながら、お買い物の準備をして、夕食は甥の好きな藤一番のラーメンで簡単に済ませる。

02033

2013 02 03 08:52 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.02

今年の家族旅行・1日目

毎年家族旅行で行っていたGuamだか、さすがに家族の生活パターンが変わってきたり、冠婚葬祭で2年空いてしまったが、今年はなんとか日程を付けた。
82歳弱の親父を筆頭に2歳弱の甥の娘まで総勢7人のツアーになった。

留守番は義兄と猫。
義兄には気の毒だけれど留守番をお願いして、猫は少々困る。
猫好きのお隣さんに給餌をお願いして、家の中にも水と5日分の餌を置いて行く。

Img_8544_r

悪戯猫は出かけ際、様子がおかしいとは気づいたようだけれど、見送りするように外へ出て庭木に登って遊んでいる。
「ちゃんと留守番しているんだぞ」と言い聞かせるのだが、判っているのかいないのか定かで無い。

Img_20130202_111629_r

さて、今回は年寄りと赤ん坊が居るので、夜の行程は止めて昼に動くことにした。
そのため、田舎から出て行く年寄り部隊は成田で前泊。
空港から頻繁に飛び立つ旅客機を喜んで見ているあたりは、子供のようだ。

Img_20130202_175952_r

深夜には仕事を終えて駆けつけた姪と合流して、Hilton成田で前泊。

2013 02 02 11:56 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック