« 陽気なじーさんと悟りを開いた猫 | トップページ | Samyang 8mm/F3.5とInstagramで遊んでみる。 »

2012.11.24

Samyang 8mm/F3.5 対角魚眼レンズ(APS-C)

2012_11_24_2

冬になって空がきれいになってきたので、天体写真を撮ろうかと思い、APS-Cでは対角魚眼になる、Samyang 8mm/F3.5を出してきた。

このレンズ、実は2年前の初夏に買ったのだが、テストで20枚ばかりとって、放置していたのだ。
理由はただ一つ、”全然ダメ”と言うことだった。ボケボケなのだ。
8mm対角魚眼でF3.5なんて言うスペックなのに、たったの29,800円と言う安さに惹かれて買ったのだが、安いだけのことはあると、妙に納得して諦めていた。

ところが、最近、このメーカーがOEMでRokinonと言う会社に出しているものの評価記事を見つけて読んだところ、”純正の1/5の値段で性能は一緒”と言うべた褒めなのだ。
何かおかしいと思い、NETで他の評価記事を読む進むと、どうも、出荷時の調整が悪く、ピントが前ピンになっているものが多いらしい。
そう言えば、以前テストした時も、ファインダーでピントが合わせられないので、ピントリングを頼りに目測でピントを合わせただけで撮っていた。

改めて、ビューファインダーのNEX-5で確かめると、なんと、無限遠の位置がピントリングでは0.8m程度の位置なのである。
これでは、ピントリングを頼りに目測で撮影していた写真は全て後ピンであったことになる。

そんな訳で、ビューファインダーでピントを合わせて撮影してみたものが、これ。
画面の端では色収差が少し出るが、全面良い解像度を示している。

マウント部を分解してみると、見た目に明らかに精度の悪そうなプラスティックの鏡胴に金属のマウント部分がネジ3本で止められているだけ。
片ボケも多いというのも良く判る。
インナーフォーカスが売りのレンズだけれど、インナーフォーカスの動作範囲が狭すぎて、精度が取れていない鏡胴ではピントリングとの調整が出来ていないというのが実態のような気がした。

しかたないので、いろいろなものでスペーサーを作って調整してみたところ、クリアファイルをワッシャーにしたものが一番良さそうだった。
あまりにアバウトだけれど、こんなところで無限遠を出して、天体撮影に使ってみたい。

2012 11 24 08:13 PM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159/56204012

この記事へのトラックバック一覧です: Samyang 8mm/F3.5 対角魚眼レンズ(APS-C):

コメント

はじめまして、なかざわさま。
最近、中古で入手したこのレンズが記事同様に
無限大が0.8m(またはもっと手前?)にあり困っています。
具体的にどの部分にスペーサーを入れたのか、教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

投稿者: とめきち (Dec 25, 2013 7:44:22 PM)

とめきちさん、こん**は。

レンズを外して、レンズを見ると、レンズのマウント部分で爪のあるパーツを止めているネジが3本あると思います。
これを外すと、銀色のマウントが簡単に取れます。
このマウントが僅かに浮くようにネジにワッシャー状に切ったクリアファイルを入れただけです。
本来はこのマウントがボディに当たる面に、ドーナッツ状のスペーサーを作って入れるべきですが、省略しています。
可能であればドーナッツ状のスペーサーが良いともいます。

バルナックライカなどでは、真鋳のドーナッツ状のスペーサーを何枚か入れて調整をしています。この口径に合うスペーサーが手に入ればそう言うものを使うのが良いともいます。

ただ、本来、どこかのネジを緩めてコリメーターで調整出来るはずですが、確認していません。

なお、分解してみるとお分かりになると思いますが、マウントを止めている本体は単なるプラスティックですので、何度もネジの着け外しをしていると、ネジ穴がバカになってマウント自体が付けられなくなりますのでピントが完全になるまでは締めすぎない様にするのが良いと思います。

投稿者: なかざわかずお。 (Dec 25, 2013 8:26:33 PM)

分解の様子は下記で判ります。
マウント部分のことですので、最初の50秒だけです。
それ以上分解する必要は全くありません。
http://www.youtube.com/watch?v=Gu3qQlMNPUk

投稿者: なかざわかずお。 (Dec 25, 2013 8:30:30 PM)

早速のお返事ありがとうございます!

なるほど、ピントが手前側にあるのでレンズを遠ざければいいのですね。
逆じゃなくて良かったです。
もし、逆に近づける改造だったらマウントリングを旋盤加工に…。

スペーサーは、シムリングφ65-φ50を利用しようと思います。
http://www.monotaro.com/g/00262508/
厚み0.1〜0.5を数枚用意すればokだと目論んでいます。
真鍮製なら上下を厚めのプラ板で挟んで穴開け加工すれば
曲がらずに加工できると思いますので(^v^

紹介のビデオも興味深いですね。無段階絞りにする改造でしょうか?

丁寧な御教授、ありがとうございましたm(_ _)m

投稿者: とめきち (Dec 27, 2013 10:12:22 PM)

きちんとしたスペーサーが簡単に手に入るんですね。
私も勉強になりました。ありがとうございます。

紹介したビデオは、ムービー用に絞りを無段階に改造するものです。
実際には、Samyngではムービー用のレンズも出していますので、そちらを使うのが良いですね。

投稿者: なかざわかずお。 (Dec 27, 2013 11:36:41 PM)

ちなみに内外径&穴開けオーダーも出来ますよ。
https://iwata-fa.jp/html/ss/ff.html

但し、マウントリングのネジ穴は等配では無いので注意です。
一つは自分で空けるか、大きめの穴をたくさん空けてもらうかです。

投稿者: とめきち (Dec 30, 2013 5:32:13 AM)

コメントを書く