« だれにゃ? | トップページ | はろうぃん »

2012.10.24

すzのAVR研究: エンジンONで入るスイッチ

リンク: すzのAVR研究: エンジンONで入るスイッチ.

不精なので、エンジンをONにしたら電源が入り、OFFにしたら切れるようなスイッチが欲しかった。
そう言う車用品があるのでどうやっているのかなぁ?と思っていたが、SELのライセンスを取得している際にオルタネーターのチェックの意味で原理が判った。
バッテリーを充電するには、バッテリーの電圧より高くなくては出来ない。
車の場合、14Vほどの電圧がかかる。バッテリーの電圧は12V(実際は13Vほど)。
したがって、13Vより高ければエンジンが掛かっていると判断して、ONにすれば良い。
どう言う回路にしたらしいかは、考えるより模倣した。

100%模倣はかっこ悪いので、少々違う部品にして、一応、実態配線図に近い回路も手書きで書いてみた。それでも99%くらいは模倣だけれど・・・
書いた紙もパーツを買った秋月の伝票の裏と言うのがちょっと泣ける。


20121024

あんまり汚いので書き直してみた。
コンパクトなレイアウトで作れたけれど、テキストを反対側で入れてしまい、挫折。

Irfu9024_2

2012 10 24 10:29 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: すzのAVR研究: エンジンONで入るスイッチ:

コメント

コメントを書く