« 夏休みのハワイ(復路) | トップページ | 夏休みのハワイ(レンタカー) »

2012.09.07

夏休みのハワイ(航空券)

Boardinpass

この夏のハワイ旅行は決定した時期が中途半端だったので、航空券の予約が中途半端に高い時期だった。

DELTAのWEBでは通常のEconomyが無くなり、パッケージのチケットが放出されずと言う時期だったので、Business(のプロモーション価格のものを予約した。
268,560円/人(諸税等込)と言うポチるのにぐっと来る価格だったが、この時期のEconomyと4万円弱しか変わらなかったので、途中でEconomyへ予約変更できそうだったが通してしまった。
週末を絡ませないEconomyなら10万円前後(諸税等込)なので、随分贅沢だ。

ただ、これまでの経験では、リゾートに行くのにケチると結局残念な思いが残るので、使えるなら使ってしまうのが良いと思う。

と言うわけで、
・NRT→HNL Business(ClassI)
・HNL→KOA Coach
・KOA→HNL First
・HNL->NRT Business(ClassD)
てな、感じの席だった。
料金が高いだけあって、NRT-HNL間の便(B747-400)のBusinessはフルフラットのでアッパーデッキは2列しか席が無く通路も広いので、贅沢な話だが二人の旅行では話もままならず寂しいものになる。
復路は一階。こちらは4列で窓側席-通路-2席-通路-窓側席となっていて、どうせ帰りは爆睡するだろうから、真ん中の並び席にした。それでもちょっと遠めで、何か手渡しするのにもちょっと面倒だった。
まぁ、贅沢な悩みなんだけれど。

NHL-KOA間のローカルフライトは、往路がEconomy、復路がFirstと足して2で割るとBusiness Class見たいな割り振りだったけれど、どうせ40分しか乗らないのでFirst Classが経験できて大喜び。まぁ、B717のFirst ClassはGuam便のBusinessよりちょっと良いくらいだし、サービスが良い訳でもないので"First Classを使った!"と言うネタのみかな。

・各空港のラウンジ
成田空港のDELTAのラウンジは、広くてきれいで外もよく見える。アルコールを含むドリンク類、アペタイザーも各種あり、早めに行って時間潰ししても楽しい。
コナ空港のHawaiian Airのラウンジは、フリードリンクのあるエアコンの効いた部屋で待っていられるだけで、コナだったらドリンクを持ち出して外でブラブラしていた方が良いかもしれない。
ホノルル空港のDELTAラウンジは滑走路と同じグランドレベルで、搭乗口から遠くて中庭しか見えないし、狭いし・・・トランジットならまだしも、帰りならショッピングをしていた方が楽しいかもしれない。
ホノルル空港のHawaiian Airのラウンジは今回は足して2で割ったチケットのため入れず。
ちなみに、ラウンジの入り方は、DELTAは受付があり、チケットとパスポートでチェックして、搭乗時間が来るとお知らせしてくれる。コナ空港のHawaiianはBoardingチケットにラウンジのドアに暗証番号が書いてあって、勝手に入るだけ。

・ラウンジのWiFi
成田空港のDELTAはセキュリティ無し、ホノルルはtmobileで同じくセキュリティ無し。

2012 09 07 11:00 PM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みのハワイ(航空券):

コメント

コメントを書く