« また、雨か・・・ | トップページ | イザ、鎌倉! »

2012.06.23

Cessna Single Engine Safety Initiative セスナ社新検査基準

Cessna Single Engine Safety Initiative

セスナ社が機体の平均年齢が42年なって来た現在、飛行時間の他、製造からの年月日を元に、機体の疲労と腐食についての点検についての指針を出しています。

ポイントは;

Single Engine Safety Initiative

・ Cessna has developed a structural inspectionprogram to assure the continued safe operation ofsingle engine airplanes

・ Visual inspection techniques are utilized to detect
 ・ Corrosion
 ・ Cracks caused by metal fatigue

と言うことで、錆びや金属疲労関係です。 Guamの機体は潮風に晒されていますので、たとえ格納庫に入っていたとしても大なり小なりコロージョン(錆び)はあります。(潮風の中を飛んで機体が暑いところで水洗いすると毛細管現象で隙間に塩がたまりますので、水洗いしたとしてもだめですからねぇ)

検査不合格の機体が続出可能性も・・・・

2012 06 23 11:46 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159/55036513

この記事へのトラックバック一覧です: Cessna Single Engine Safety Initiative セスナ社新検査基準:

コメント

コメントを書く