« プレートと地震 | トップページ | FlightAware > N693GL > 2011年 03月 19日 > PGUM-PGUM »

2011.03.21

普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済) – DNA

リンク: 普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済) – DNA.

Radiation_jp_thumb家族から「東京にいて放射能は大丈夫?」とか聞かれるのだけれど、「今の状態なら健康に影響することは無い」と報道されている数値がμSVでいわれているくらいだから、漠然と「大丈夫」としか答えていないのだけれど、こう言った表だとわかりやすいですね。

ただ、時間当たりなのか、総量なのかと言う点も入り乱れて報道されているので誤解も多いだろうなぁ。

ちなみに、茨城県で公表している放射線量のデータからすると、ここ数日で多い日でも1,000nSV/hr=1μSV/hrくらい。
リンク: 放射線テレメータ・インターネット表示局.

CTスキャンで浴びる放射能が、5.8mSVだから、累計でCTスキャン1回分までは、5,800μSV/(1μSV/hr*24hr)=241.7日 と言うことになる。
師走までこんな状況が続いたら、CTスキャン1回程度の放射能を浴びると言うこと。

それが、いけないか、良いかは個人の判断にお任せしたと思います。

2011 03 21 08:56 AM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済) – DNA:

コメント

コメントを書く