« 例外に潜む危険性@PGUM | トップページ | ガーミンGPS用VFR空域マップ-VFR Airspace map for Garmin GPS »

2011.01.27

Nothing To Do With Arbroath: Drunk pilot jailed for forgetting where he was flying

リンク: Nothing To Do With Arbroath: Drunk pilot jailed for forgetting where he was flying.

アル中でフライトの行き先を忘れてしまったパイロットが搭乗前に酒臭さから捕まって、6ヶ月の禁固刑になったと言おうお話。

FAAではFAR91.17では
--
Alcohol or drugs.
(a) No person may act or attempt to act as a crewmember of a civil aircraft--
(1) Within 8 hours after the consumption of any alcoholic beverage;
(2) While under the influence of alcohol;
(3) While using any drug that affects the person's faculties in any way contrary to safety; or
[(4) While having an alcohol concentration of 0.04 or greater in a blood or breath specimen. Alcohol concentration means grams of alcohol per deciliter of blood or grams of alcohol per 210 liters of breath.]
--
と言う決まりがあります。(この記事では20mg/100ml=0.2mg/mlが基準とのことですが、おそらく社内規定?)
このパイロットは、0.86mg/mlだったとのことなので、それでも倍量。
それに、”薬物の影響が残っていないこと”と言うのもありますので、二日酔いでもだめ。

フライト前に見つかったと言うことで、良かったですね。

GuamのATCを聞いていると、時折、喉が荒れて声変わりしている方がいます。
まさかと思うけれど、酒やけじゃないよね・・・・

2011 01 27 07:43 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Nothing To Do With Arbroath: Drunk pilot jailed for forgetting where he was flying:

コメント

コメントを書く