« もふもふ・・・・ | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2010.12.29

アナレンマ -カシミール3Dと古代遺跡

リンク: アナレンマ - Wikipedia.

"アナレンマ(Analemma)とは、均時差によって1年のうちに太陽の位置が8の字型を描いて運動すること。"

と言うことで、太陽にカメラを向けて、同じアングルで、定期的に同じ時間で写真を撮り続けて合成するとこう言う写真が撮れるらしい。
忍耐が必要な作業なので、珍重されているらしいけれど、私には忍耐が無いのでカシミール3Dの太陽の位置をシミュレーションする機能で描いてみた。

Analemma

これくらいのことは誰でも思いつくだろうと思って調べると、やはりいらして、古代の遺跡と関連付けられて詳しく検討されている方がいた。
古代の遺跡には暦と関連付けられるものが多いので、こう言うアプローチはありですね。

リンク: 星たび:巨石遺跡にアナレンマを見た.

2010 12 29 05:55 PM [GPSetc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: アナレンマ -カシミール3Dと古代遺跡:

コメント

コメントを書く