« August 2010 | トップページ | October 2010 »

2010.09.30

BECKER AR3201

Ar3201N里さんの機体のVHF無線のスピーカー不調と言うことでチェックのため外してきた。
BECKERならテスト用のベンチがあるので動作確認だけは出来ると思っていたのだが・・・多くの機体に使われているAR4201ではなくて、その前の機種だった。
そのため、裏側のI/FコネクターがAR4201のDB25PINより少ないDB15PINだった。
しかたが無いので25→15の即席変換コネクタを作った。
DB25/15PINなんか使うことが無いのでどうかと思ったが不良在庫のパーツボックスをひっくり返すと、運良く出てきた。
マニュアルもNETで検索すると出てきた。あとは、電源ラインと、Mic、Phone、PTTラインを繋ぐだけでOK。

チェックをすると、VHF自体には問題が無いことが判った。機体側のケーブルやスピーカー、電源の問題だろう。

ついでに、送信もチェックすると・・・音が出ない。送信は出来ているので、マイク系の問題だ。
AR4201では動いていたので、無線機の問題?と散々悩んだ末に、気付いた。
テストに使ったマイクはヘッドセットを使う都合で、スタンダードタイプ。ベンチもAR4201のスタンダードマイクへ。ところがAR3201はダイナミックマイクしか使えない。インピーダンスが合わないだけだった。
そういえば、他の機体にヘッドセットのラインを増設したときにもそんなことがあったなぁと思いつつ、そのときの設置の記録を出してきたら、きちんと「STD MIC」と書いてある。
学習効果のないこと・・・。

ここに記録して、忘れないようにしよう。

2010 09 30 10:08 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.27

Larrys First Turbine Hover - A smokin' good time!

10数年来の友人のラリーさん。昔から自作のガスタービンエンジンを作っているのは知っていたけれど、ウルトラライトに積んで飛んでいたのも知っていたけれど、今度はウルトラライトのヘリに積んでいる・・・

頭の真後ろでガスタービンエンジンが回っていると言うのは、ちょっと・・・なぁ。
でも、来年の夏には遊びに行ってみたい。

2010 09 27 11:11 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.23

Air Route RJAA-PGUM

2010091621_2今回のGuam行きでは最初FL400以上のCBがニョキニョキ経っていたので、随分Weather Daviationしていたが、硫黄島辺りからは比較的良くなって、真っ直ぐに南下するようになっていた。
帰りは台風が出来始めていたので、FL390でやっと雲から出るような状態。離陸後、いったい何時になったら雲の上に出るのだろうと心配になるような状態だった。
それに、随分西よりのルートを通っていたので、福岡便に乗ってしまったかと思った。
ただ、たしかに北上する時は西よりのルートを通って、PAKDOへ向かって、オントップしたところで、Direct ASADAと言う感じだったのだろう。

こう言うときは航空用のGPSを持ってみていると面白いと思うが、残念ながら今回はOregonだった。(Oregon 450は普通には使いやすい良いモデルだと思う)

少々無駄かもしれないが、AREA550があったら面白いかなぁ・・・PDAタイプの携帯が大流行なので、そのうち良いソフトが出るだろうから、そしたら乗り換えよう。

2010 09 23 10:39 AM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.22

Valiant Shield exercise begins Sunday at Joint Region Marianas

リンク: Valiant Shield exercise begins Sunday at Joint Region Marianas.

Guam滞在中に散々苦労させられた、米軍の訓練がこれ。
9/15-21間と言えば全くすっぽりはまってしまったと言うこと。

「More than 150 aircraft will participate in Valiant Shield, including, B-52 Stratofortresses, F-15 Eagles, F-15E Strike Eagles, E-3 Sentry airborne warning and control aircraft, KC-10 Extenders, KC-135 Stratotankers, P-3 Orions and F/A-18 Delta Hornets. More than 100 of the aircraft will fly from Andersen to conduct sorties in various exercise scenarios.」

こんなに飛んでいたのでは割り込めないですね。

2010 09 22 10:41 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

怒っちゃいけない

Photo写真はポケモン新幹線の前の私のスーツケース。2代目。
最初に買ったのが1999年頃、キタの阪神デパートの旅行用品コーナー。
これで、ドイツもフロリダもL.A.も行った。さすがにちびたので、オークションで程度の良い中古を買った。
さすがに10年前のモデルとなるとめったに同じものを使っている人を見かけない。おかげで空港のバゲッジクレームで見つけるのが簡単だ。

今回の旅行でも成田でほとんど先頭を切って再入国審査をしてしまったので、ターンテーブルがまだ動いていなかった。
ベンチに座ってゆっくり待って、目の前に来たら拾おうと思っていた。

回り始めてしばらくすると、向こうから回ってくるのが見えた。遠目にも直ぐに自分のものを判った。
さて、ゆっくり立ち上がって取りに行こうと思ったら、30代のフツーの男性が拾い上げた。
”気の毒に、間違えて取ってしまったな。もう一度流される前に受け取ってしまえば楽!”と歩き始めると、なんと、この男性、ジッパーを開けて中に手を突っ込んでいる。

”おまえ、それは、泥棒ってもんだろう?”ちょっと歩きを早めて近づく頃には手を抜いて閉め始めていた。たぶん、自分のものか調べていたんだろう・・・
「それ、私のスーツケースですよ」と強めに言うと「すみません、自分のものか判らなくて、すみません」と言う。
まぁ、風体からして、子連れ家族旅行のパパみたいだったので、「ネームタグとか見れば判るでしょう。失礼ですよ」と軽く叱って、お仕舞いにした。
旅行の最後で疲れていたので、ちょっと、むっとしてもうちょっと怒ってしまいそうになったが、止めておいた。
人は怒るから不愉快になるんだ・・・といつも戒めている。

実は、帰りのDL649便で、後ろの席が子連れの夫婦だった。4歳くらいの女の子と0歳児を連れていた。
このパターンは概ね最悪。思ったとおり、最初は上の子が暴れて座席を蹴りまくったり、テーブルを叩きまくってくれた。その都度、後頭部や背中をボコボコにされた。
この子が寝てくれるまで私が我慢できるか、その前に我慢が効かなくなるかだった。
後ろを振り向いて、「すみません、座席を蹴らないでください」と言えば済むことだけれど、搭乗までに飽きてしまった子供をおとなしくするのは無理だろうし、楽しい旅行の最後がどこかのオヤジに怒られたのでは気の毒だ。
乗務員から声を掛けて貰う事も出来るかもしれないけれど、面倒だ。
結局、2時間くらい我慢して静かになった。
しかし、直ぐに着陸に向けて降下が始まった。今度は0歳児の方が泣き出した。子供は耳抜きが出来ないから耳が痛くて泣いているのだろう。
後ろでは4歳の子は代わりにパパに抱かれ、0歳児がママにあやされているのが眼に浮かんだ。
”我慢だ、我慢だ・・・”と自分に言い聞かせた。結局、着陸するまで泣き続けてくれた。

それでも、降機のために立ち上がると、ママの方が「すみません、うるさくしてしまって」と向こうから謝ってくれた。
だんなの方は知らん振りしていたが、久しぶりに常識的な人に出会ったように思った。
”怒らなくて良かった”と内心ホッとした。たぶん、「静かにしていただけませんか?」くらいでも言っていただけでも、後ろめたくなってたろう。

まぁ、そんなこともあって、スーツケースに手を突っ込んでいた、男性にも”グッ”と耐えられた。

そう、「人は怒るから不愉快になるんだ」

2010 09 22 10:05 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

中秋の名月

1009212中秋の名月に・・・一日足りない。
昨日、Guamから帰ってくる際にDELTA649便757-200(たぶん)の中で撮ったもの。
席はギャレイのすぐ後ろの16F。エコノミーの最前列で、トイレが見えない窓際の席。
足元の広さからすると、反対側のA,B,C席の方が良いようにも思うが、トイレ待ちの乗客が前をウロウロするのはあまり楽しくない。
いつもは夕日が撮りたいからA席にするのだけれど、こう言う感じも良いかもしれない。

2010 09 22 09:11 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.21

今日でお終い

1009211_2これで今回の滞在でのフライトは終了。

ちょっとまじめに飛んだかな。


2010 09 21 12:56 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.20

お疲れモード

1009202今日も朝からフライト。でも、昨日より1時間遅く9時近くに離陸したら、DMEアークを書き終わった頃には”アプローチ不可”とセンターから冷たいお言葉。観光フライトに切り替えて久しぶりにVFR。まぁ、それはそれで気持ちよかったけれど・・・

夜は雲があったり、ダイバードしたりと、F-22が飛んでいて少々タイミングが難しく、それに、そろそろお疲れモードで、なんでもないことを抜かすので、そろそろ訓練も終わりかな。

夕食に味一ラーメンに行くと、カウンターで白人のオヤジがビールを飲んでいる。
このパターンは大阪時代に良く経験したけれど、日本に慣れたパイロットがちょっと一杯引っ掛けるパターン。
お隣に座ってちょっと話してみると、なんと、JALで747-300を導入したときのチーフエンジニアさん。
今は米軍のお仕事をされているらしい。
ひとしきり、IFRの肝を教わりながら、所謂、ハンガートーキング。
こんなことも、ひとつの楽しみ。もうちょっと英語力と滞在期間があったら、楽しいことも出来たかも?


2010 09 20 10:47 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.19

日曜の朝なら何とかなる?

1009191夜討ち朝駆け狙いで、今度は朝の時間を狙ってIFR訓練。
朝の出発ラッシュを過ぎた8時前に離陸してみました。



ところが、この時間帯はエアラインが出発してセンターの管轄からサンフランシスコ・エアリンクへ移る時間でセンターは大忙し。
上昇中にTWRからセンターへ切り替え指示されても、割り込む隙間が無い。割り込んで、"VOR/DMEをVFRでする"と言ったら”センターは非常に急がししい”と。
それでも、ファイナル・アプローチ・コースに乗る頃になったら、相手してくれて、"Report Establish"となり、最後はクリアランスを出してくれました。ただ、DMEアークは最初の入るところでちょっと躓いて大回りしたので7NMより離れてしまって、戻すのに汚くなってしまった。
VOR-Aはまずまず。
ILSは、センターが余裕が出来たのか240、270、300、310と丁寧にベクターしてくれたものの、丁寧すぎて、間に合わなくなって、最後は310から360と言いかけて、030とベクター。それも距離が無いから直ぐにファイナル・アプローチ・コースへ乗ってしまい、少々オーバーシュート。

ぼちぼちと慣れてきたので、ほぼ、問題無くなって来ました。
細かいところ、高度やヘディングの精度、何か輻輳した時の対処が出来るようになればアプローチはOKかな。
残りはNDBとホールディング。

2010 09 19 09:14 AM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.18

"N3S9AU"って何処の機体だよ?

1009182今日はセスナのレンタルに来た海軍のナイトライダー(ヘリ)の様子を聞くと、”アメリカが攻撃を受けた時の対応の訓練をしている”とかで、かなり厄介な訓練らしい。本人もかなり偉い上官が到着すると急な連絡でレンタルと諦めた。
偉い人が来るときは日程も直前まで秘密なんですね。
民間機で到着して、海軍の大きなヘリに乗り換えて海軍基地に行くと言う方法なので、中での日程も秘密なんでしょうね。


さて、今日はIFRのフライトプランをファイルして行ったら、やらしてくれるのではないかと、ファイルしてみました。
結果。。。デパーチャーにコンタクトしたところで、"ILS1回しかダメ"と即答。しかたないので、それでお願いしますと飛んだものの、ファイナル経路のVORの上で雷と言うので、途中で諦めてS-VFRで降りようとしたら、ファイナルのエンドがBRの壁。逃げようとしたら、TWRから”真っ直ぐ抜けたら滑走路がある”と優しいお言葉?って、S-VFRの限界?

2度目は夜。今度もIFRフライトプランを入れたものの、GNDでクリアランスを取ろうとしたら、”無い”。orz
仕方が無いので、VFRでフライトフォローをリクエストして、デパーチャーでIFRアプローチをリクエスト。
ところが、何を思ったのか、こっちの機番を間違えて登録してくれたがタイトルの"N3S9AU"。
たぶん、私の"N'733SN"と救急の"N911GN"とパラジャンの"N9813AU"をみんなまとめたのではないだろうか?
ついでに"N911GU"もIFRアプローチの訓練をしていて、こっちは双発ジェットなのに"Cessna N911GU"と陸単になってしまっている。
いくら、昼間忙しかったとは言え、ひどい話だ・・・

だからと言って、フライトが悪いのは自分のせいなのだが・・・
VOR/DMEはアークをチャ-ト通りにいつもより抜けるのを少し早めにしたらアンダーシュート。
VOR-Aは"Own Navigation"付け忘れたばかりに、レーダーベクターの練習。
LISは240,330,030だけでファイナルアプローチへ持っていかれると言う手抜き。

国防目的の訓練の最中だからしかたない。

2010 09 18 09:30 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.17

NightでIFR

1009172昨日は成田の出発が土砂降りの雨で遅れたおかげで、せっかく昼間の便なのにGuam到着が遅れて、Nightでカレント維持のフライトをしただけ。
今日は午後のSlowな時間から出て行ったのに、アップウインドでTWRから、”戦闘機が100機以上帰って来るから、IFRの訓練はダメ”と。
今、アンダーセン空軍基地には100機以上の戦闘機が集結して訓練をしているとか。
仕方が無いのでDMEホールディングの訓練をしていたのだけれど、GPSログは電池切れで採れず。

夕方になって今度はTWRに確認してIFRトレーニング。VOR/DME、VOR-A、ILS。
Nightになってしまったので、フードの横からカンニングしようにも真っ暗。機内も見えない。困ったのはチャートの小さいな字が、老眼になり掛けた目にはとんでもなく厳しい。
姿勢を維持しながら、チャートを凝視すると言うのは難しい。
それでも、慣れてきたので、それなりのアプローチ。夜は風も無いしね。

2010 09 17 09:36 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

まだ見ぬ強豪、サムスンのミラーレス一眼新製品「NX100」登場

リンク: まだ見ぬ強豪、サムスンのミラーレス一眼新製品「NX100」登場.

Samsungああ、サムソンでも出すんだ!なんだ、日本では売らないんだ!?
10月発売って言うのは、この夏は忙しかっただろうなぁ・・・・

ちょっと触ってみたいな。


2010 09 17 09:06 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.16

久しぶりのGuam

1009161今年から異動で月末の休みが取り難くなったのでシルバー・ウィークは前泊で出発。
午後飛べるように午前便で出ようとしたのに、出発時の成田は酷い雨。
30分くらい遅れてゲートを出発、結局45分遅れ。

1009162エンルートも4,000feetを超えるCBがニョキニョキ立っていたのでダイバートの嵐であまり速度が稼げず。

1009163でも、Guamに着いたら虹が待っていてくれました。
って、雨じゃないの?

久しぶりの空港は・・・日本より涼しい! 今年の夏は暑すぎたからなぁ

2010 09 16 07:38 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.14

日本初のジェット機「富士号」 | パノラマVR写真館 | MSN産経ニュース

リンク: 日本初のジェット機「富士号」 | パノラマVR写真館 | MSN産経ニュース.

コックピットをパノラマで見るっていいな。
ただ、さすがにこの時代だとフライト用の計器は小型機並みだけれど。

2010 09 14 09:45 PM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

実地試験に落ちる?瞬間

気の毒な例です。
世の中には「そりゃ、落ちるよな」と言うのもありますが、今回のものは気の毒でした。

ATCが苦手で(私も同じ)判らないと"Say Again"使いますが、使いすぎも失敗の元と言う例です。

ある訓練生で、おそらく日本国内のレディオ空港以下で訓練をしていて仕上げをGuamにきた感じの方がいました。
ATCの基本は出来ているのだけれど、欠点は、"Say Again君"でした。それも、自信をもって単なる言葉として"Please"を付けて”Please Say Again"と、なんでもないATCを聞き落として言うので、ちょっと"カチン"と来そうな感じでした。
TWRもどうでも良いような時は"Say Again"に一度は答えるものの、2度目からは答えなくなることが何度もありました。

ある時、この方がTWRがGNDもこなす時間帯に出てきました。
普通なら暇な時間帯のはずなのに、パラジャン、観光セスナ2機、F-22編隊の交錯、高度指定したセスナのトランスポンダ高度の誤差、コミューターの着陸が重なって管制官は大忙し。
そこへ、GNDでタクシークリアランスを取ろうとして"Stand by"を指示されたのに、繰り返してGND(TWR)から"スタ~ンバァ~イ"とイライラされながら言われていました。
TWRの周波数を聞いているとこの忙しさが判るのですが、GNDを聞いていたのでは判らないので、"何でこんなに待たされるのだろう?"となってしまうのは仕方ありません。

そんなこんなをしながら、やっと離陸が出来ましたが、Up Windで今度はTWRから左旋回、高度1500feet指定されました。F-18と交錯しない配慮ですが、これに2度"Say Again"をしてしまいました。
TWRが忙しくて一回目は無視、二回目には"インストラクターを出せ"と。

ところが出て来たのはインストラクターではなくて、イグザミナー(試験官)。このフライトはチェックライドだったのです。
イグザミナーは着陸をリクエスト(たぶん試験中止)、TWRは"スチューデントに言っといてくれよ"的に嫌味。

ここまで悪い条件が重なったのはあまり聞いたことがありません。お気の毒でした。

"判らなくて出鱈目するよりSay Again"とは言うものの、自信を持って"Say Again"は程度もの。"Confirm~"とか使って、”ちょっと聞きづらかったんだけど、すいません"てな感じも必要なのではないかな?と思う。

RWY#をきちんと言わないと、"Say RWY#"とTWRから指示されます。エアラインのパイロットなどは、結構申し訳なさそうに言います。"Say"と言う命令語は結構きつい言葉なんだと感じます。
ATCの流れで判りづらかったりすると、"Verify RWY#"位に優しくなりますが、彼らは仕事として、確認を取っておかないといけない肝になるところなので、きちんとリードバックして、"Sorry"も付けたりします。

日本ではATCは単なる符丁であり会話ではありませんが、アメリカではATCと言えども、やっぱり、心のある会話なんだなぁと思います。

2010 09 14 08:26 AM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.13

風を聴け: 日本語表示はこうでなくちゃ!

リンク: 風を聴け: 日本語表示はこうでなくちゃ!.

Cororado450nuviとシステム的には同じだろうからと、oregon450で安易に日本語表示化を試してみた。
案の定、考え方は同じだった。

Oregon450で使われているフォントは2種類
\Garmin\ExtData
006-D0952-05.bin Sakkal Majalla Unicode Bold (True Type)
006-D0952-06.bin Sakkal Majalla Unicode (True Type)

006-D0952-05.binはボールド体、006-D0952-06.bin は通常のフォントで、両方ともメニュと地図表示に使われているのではないかと思う。
それぞれバックアップした上で、適切なフォントで入れ替える。

日本語2バイト系文字を含んだ地図を表示してみる→表示出来た。

ついでに、以前日本語メニュ化するために作ったjapan.gttを\Garmin\Textへ入れてみた。
当然ながら、日本語の選択がメニュに出てきて選択できた。→だからと言ってファームが対応していないので何もならない。

と言うことで、おしまい。

2010 09 13 10:40 PM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

REIに、ちょっとがっかり。

100913REIからOregon450とカシオの時計が2台届いた。
ちょっと、がっかりした。

と言うのは、セールでOregon450が安かったので友人の分も含めて5台ほど発注したのだけれど、カスタマーサービスから”後から支払い部門から連絡がある”とメールがあったところから話が始まる。
支払いに問題があったとは思えないので変だと思ったのだけれど、セール期間が終わったところになってメールが届いた。
"we reserve the right to impose quantity limits on any order, to reject all or part of an order"
と言うところが強調されたメールで全体の趣旨としては”個人用途に限り一人一台と言うことにするから、お前のオーダーは強制的にキャンセルする”と言う”あれー!”な内容だった。


前回だって複数台数買っているのになぜに?と思ったのだが、"we reserve the right"などと権利を主張しているアメリカ人に何を言っても無駄なので、”じゃ、個人用の1台なら俺にも権利があるだろ?”とメールしたら、9/10に受注メールがあり、9/12に発送案内、9/13にはもう届いた。そう言うあっけらかんとしたところはやっぱりアメリカだ。
やるじゃないか!と思ったら、FedExの高い運賃で送って来た。送料$90也。勘弁してよ・・・
さらに、個人用途だと言うので、不良在庫処分で半額になっていたカシオの時計も1個で良いよとメールしていたのに、こっちは2個送って来た。
なんだよ、じゃ、Oregon450も2台って言ってみれば良かったのか?

まぁ、そんなこんなでかれこれ15年ほど付き合いのあるREIに、ちょっとがっかりしてしまった。
L.L.Beenよりおしゃれじゃ無いけれど、意外にちゃんとしたものをそれなりの値段で売っているので愛用しているREIなんだけれどな。

2010 09 13 08:41 PM [etc] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.09.12

準天頂衛星システム(QZSS)準天頂衛星初号機「みちびき」

準天頂衛星システム(QZSS)準天頂衛星初号機「みちびき」の打ち上げに成功したと、ニュースにあった。

MTSAT(MSAS,日本版WAAS)の後継になるのだろうと漠然と思っていたが・・・
この初号機の内容を読む限り、そんなことは書いていない。
”準天頂衛星システムの役割”の項を読むと、「GPS補完」/「GPS補強」/「次世代基盤技術習得」とあるので、「GPS補強」のところがMTSAT衛星の機能を担いそうな気はする。


なんで、こんなことが急に気になったと言うと、偶然、今日、NAVICOM AVIATIONの玉中社長さんとほんの僅か話す機会があって、そんな中で、「MTSATの後続衛星は国交省で予算化されていない」旨の話を聞いたからである。(まぁ、ほとんど知られていないけれど、15年ほど前にはこの方が使われている地図基盤をハッキングしてGPSで遊んでいたのだが・・・)

そんな話から”類推”して行くと・・・

GPS-RNAVと言った航法がありながら、その前提の衛星の将来が計画されていないと言うのは、甚だ酷い話と思える。
国交省はVORやNDBを減らす計画であるので、小型機はGPS-RNAVやGPA-RNAV進入と言う方向かと思ったら、そう言うことでも無いのか?
日本の空は航空行政的に見れば、すべからくIFRで成り立っているのでこのままだと小型機でさえ慣性航法装置やILSを装備しないと、計器飛行方式で飛べない?
現実的には、ジェネラルアビエーションの世界でのIFRと言うのはかなり存在しにくくなくなるように思う。
VFRだってVORが無くなっていけばGPSに頼らざるを得ないが、その精度の将来の保障は無い。
どうなっているのだろうかと思うのだか、国交省にはジェネラルアビエーションの将来をあまり考える感じは無いようだ?

困ったなぁ・・・と思えることばかり浮かんでくる。

準天頂衛星システム(QZSS)が将来MTSATも担ってくれることを期待するのみかなぁ。

2010 09 12 10:43 PM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.10

HD Digital Player TL-C510HD 8GB

100910以前からちょっと気になっていた、動画プレーヤーを先日入手してみた。
買ったのは東映ラジオデパート店。ディープなところにある店でのショーウインドを見ながら、判らないので店のオヤジに”どれが人気ある?”って聞いたら、この系列だったので、5インチTFTで一番安いモデルを選んだのが、TL-C510HD 8GB

デフォルトが中国語メニュなので、英語メニュに切り替えるまでが厄介だった。
それと、スイッチの機能が日本と考え方が違うので、判るまでちょっと難儀した。

慣れてしまえば、液晶も明るく視野角も広くご機嫌な感じ。
対応フォーマットが幅広いので、なかなかよろしい。VOBファイルもそのまま再生できるので、一々MPEG4等に変換しなくても、MicroSDにコピーして挿せば字幕も出る。

ただ、MicroSDのスロットが”TF”とある。いつからそんな呼称のものがあるか知らないけれど、MicroSDの互換規格なの?と言う感じ。
USBメモリも使えるので、大量に持ち歩きたいときはそれも良いかもしれない。
メモリの容量を稼ぎたければ、MPEG4にでも変換しておけば良い。
ツールとしては”HandBrake”辺りが便利だ。Chaptersのタブで変換するTitleやChapterを選択すれば、本編だけも書き出せる。

これで、12,680円は安いかもしれない?
ただ、スマートフォン系の携帯電話がこう言った機能を備えてくるだろうから、泡沫商品かもしれない。

2010 09 10 11:26 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.09

U-125 or U-125A

100909昼さがりに八ヶ岳の西側斜面(富士見町ともいふ)の屋外で作業をしていると、諏訪の谷を結構低い高度で飛んでいく、ジェット機がいた。
7,000feetくらいなので民間機では無いだろう。松本方面から来て、しばらくするとまた戻って行った。

後で調べてみると、U-125かU-125Aらしかった。

ただ、それだけ。

2010 09 09 11:24 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.05

右も左もCBの壁・壁

100905松本と長野の間にある美ヶ原から続く聖山の山系は、冬はコンバージェンス、夏はCBの産地である。

信州VORでVORトラッキングをした後長野へ戻ろうとすると、CBが2本発達中。
雲低は6000feet程度。高さはゆうに1万feetを超えて発達している。
関わって楽しいものでは無いので、増速して真ん中をさっさと抜けて長野へ戻りましたが、案の定夕方には夕立。

そろそろ、夏が終わってくれても良いんだけれどなぁ・・・・

2010 09 05 09:36 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.04

僕はPriority一番?!

1009042シルバーウイークはGuamへ行こうと、海外用のスーツケースを取りに実家へ寄った。
最近、我が家の悪戯ネコは私の使っている洋間をお昼寝場所にしているらしい。
泥足で歩き回るからあまり入って欲しくないのだけれど、親父にとって悪戯ネコのPriorityは一番で、自由にさせるから仕方ない。

そんなわけで、スーツケースから外したDELTAのビジネス客のバゲッジ・タグを付けてやった。
DELTAはシルバーメダリオン会員なので、この黄色のPriorityタグが付いて、おかげで荷物だけはいつも早い。
とてもありがたいタグなのだけれど、悪戯ネコは全然価値を感じてくれない。
それどころか、”何するんだ?!”とばかりに眼をひん剥いている。

こいつとは、価値観を共有できないと悟った。

2010 09 04 11:45 PM [etc, ねこ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

錆止め塗装

1009041一年に一度か数度しか使わない、コールマンの2バーナー。
先週、バーベキューのために出したら、燃料タンクの縁が錆はじめていた。
次に使うのは来年なので、早いうちに錆止めをしておかないとダメになってしまう。

ホームセンターでどうしたら良いかと塗料を選んだ。
なんとなく、タンクの色がダークグレーのメタリックで、ハンマートーンのような気がしたので、シルバーを選んだ。
が・・・派手だった。
こんなことなら赤の方がタンクらしくて良かったが仕方ない。
きれいに塗装出来たから良いとしよう。

錆止め用の塗料って、亜鉛が入っているんですね。電荷の関係でFeが酸化されないのかな?

***
次に錆びたら、赤で塗ろう。

2010 09 04 11:30 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

風を聴け: MINOLTA M-ROKKOR 40mm 1:2

リンク: 風を聴け: MINOLTA M-ROKKOR 40mm 1:2.

1009040古いレンズなのでどんなものかと思いながら撮ってみた。
40mm 1:2と言うと、この当時としては結構なスペックだったともう。
開放だとたぶん厳しいだろうと思ったが、意外にいけている。

左の写真はひと絞り絞って撮った。
ちょっとコントラストは低いが、解像度はかなり良いように思う。

100904この写真は、上が開放、下がひと絞り絞ってF2.8だったとっ思う。
開放には開放の良さがあると思うし、ちょっと絞ると一気にすっきりしてくるのが気持良い。

ただ、どちらかと言うと、近くより中遠距離の方がきれいに撮れるような気がする。

やっぱり、大人の嗜みだなぁ?


2010 09 04 11:05 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.02

花のあるお花屋さん

100902「薔薇のない花屋」は私の好きな竹内結子が出ていた月9ドラマだけれど、如何せん、暗くて見続けられなかった。
月9で暗いドラマなんていけません。

で、今日は「花のあるお花屋さん」

他部署のイベントでお手伝いに駆り出されて、花束を大小50束くらい作りいました。
その中の一つ。これくらいのを6つ作れと言うので、作りましたが、スパイラルでこの規模の花束を作るのは久しぶりと言うか初めて。
だいたい、今の仕事の前任者が趣味で花屋さんの資格を持っていたらしく、そのまま、今回のイベントでその役が回ってきた。
いくらなんでも乱暴だと思うのだが、月初めは本業の仕事も暇なのでお手伝い。
花材も1,000本くらいあったので、適当に束ねてもそれなりになるので、良しとして完了。

明日もこれより小さめのものを6束と指示書にある。まぁ、何とかなるだろう。

2010 09 02 08:19 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック