« Larrys First Turbine Hover - A smokin' good time! | トップページ | ネズミと仲良し(?)なネコ »

2010.09.30

BECKER AR3201

Ar3201N里さんの機体のVHF無線のスピーカー不調と言うことでチェックのため外してきた。
BECKERならテスト用のベンチがあるので動作確認だけは出来ると思っていたのだが・・・多くの機体に使われているAR4201ではなくて、その前の機種だった。
そのため、裏側のI/FコネクターがAR4201のDB25PINより少ないDB15PINだった。
しかたが無いので25→15の即席変換コネクタを作った。
DB25/15PINなんか使うことが無いのでどうかと思ったが不良在庫のパーツボックスをひっくり返すと、運良く出てきた。
マニュアルもNETで検索すると出てきた。あとは、電源ラインと、Mic、Phone、PTTラインを繋ぐだけでOK。

チェックをすると、VHF自体には問題が無いことが判った。機体側のケーブルやスピーカー、電源の問題だろう。

ついでに、送信もチェックすると・・・音が出ない。送信は出来ているので、マイク系の問題だ。
AR4201では動いていたので、無線機の問題?と散々悩んだ末に、気付いた。
テストに使ったマイクはヘッドセットを使う都合で、スタンダードタイプ。ベンチもAR4201のスタンダードマイクへ。ところがAR3201はダイナミックマイクしか使えない。インピーダンスが合わないだけだった。
そういえば、他の機体にヘッドセットのラインを増設したときにもそんなことがあったなぁと思いつつ、そのときの設置の記録を出してきたら、きちんと「STD MIC」と書いてある。
学習効果のないこと・・・。

ここに記録して、忘れないようにしよう。

2010 09 30 10:08 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: BECKER AR3201:

コメント

コメントを書く