« June 2010 | トップページ | August 2010 »

2010.07.31

Colors

NEX-5は結局、古いレンズをつけて遊ぶのに面白いので手元に残すことにして、あげる約束をしていた姪にはもう一台買った。
何も同じもにする必要は無かろうにと思うのだけれど、APS-Cと言うファクターでの選択が無い。

20100731_064e夏休みに入った最初の日曜日の軽井沢旧道へ試し撮りがてら散歩に行った。
姪と旧道で散歩をするのは久しぶりだ。
初めて一緒に散歩したのは姪が2つか3つくらいの頃で、最初は元気良く出て行ったのに帰りは疲れて半べそになっていた。
さすかが年月を経たことも有るのか、自分が遅れを取る感じになったのには、少々考えさせられた。

今回の試し撮りは、姪と土俵を同じにしないとしないといけないので、標準ズームを付けて、あまり変わったことをせずに撮影。

最初の一枚だけ姪の撮ったもの。後は私のも。

Dsc00531e

Dsc00537e

Dsc00541e

Dsc00554e

2010 07 31 11:46 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ネコカリシウイルス

先週、実家へ帰ると悪戯ネコがなんとなく元気が無く、結膜炎を起こしていた。
その前の週にお隣のネコ君と屋根の上で喧嘩をしていたので、怪我をしてどこか化膿しているのだろうと、抗生物質を与えるように親父に話して戻ったのだが、心配だったので毎晩様子の確認の電話をしたのだが、要領を得ない。
我が家の家族の観察力の無さは、残念ながらどうにもならない。

仕方が無いので今朝様子を見に行くと、喉の辺りの喧嘩した傷がポッカリ穴になっている。鼻水、涎も酷い。口を開けさせると口内炎だ。唇にもヘルペス様の糜爛がある。
これでは食事も出来ていないだろうと。抱き上げると随分軽くなっている。体重を測ると、先週から1Kgも落ちている。ここ10日でいつもの半分しかキャットフードが減っていないと言う。

即、動物病院を予約して連れて行った。

喧嘩の怪我は膿みも出てしまったようだから大丈夫だろうけれど、ネコカリシウイルスによる口内炎などの状態だと臭いがわからないから、ご飯を食べないだろうとのこと。
抗生物質とネコカリシウイルス用のインターフェロンの注射を打ってもらい、抗生物質とステロイド剤の飲み薬を貰ってきた。
ドライキャットフードでは食べられないだろうから、マグロ缶を買って、薬の飲ませ方を親父に教えて、一段落。

週中に病院へ連れて行ってあげられれば良かったのだが、可哀想なことをした。
明日には薬が効いて、ご飯をしっかり食べてくれるようになって欲しいな・・・。

2010 07 31 11:22 PM [etc, ねこ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.27

NEX-5で撮る単焦点レンズ(CANON FD 50mm F1.4 S.S.C)

仕事帰りに善光寺まで散歩してCANON FD 50mm F1.4 S.S.Cのテストをしてみた。

終業時刻と同時に職場を飛び出そうと思っていたら、直前にクライアントから原稿の差し替えが入った。
印刷所に明日出す最終原稿を前に・・・orz
おまけに、送って来たデータはMacのツールで圧縮が掛かっていて内容が判らない。
どうにも歯が立たないので、印刷会社の担当にお願いして・・・・

全て、開放F1.4

Dsc00485eコントラストのある写真は開放でも眠くない。

Dsc00489eコントラストが無いとなんとなく眠い。獅子の目にピントがあるのだけれど、眠い。

Dsc00495eボケの確認。
最短距離で使うと、芯のあるボケになる。
先日使ったSonnerよりコントラストはあるけれど、ボケのみで言えばSonnerの方が良い。

Dsc00496eこう言う構図になってしまうのが、古いなぁと思うけれど、”雀100まで踊り忘れず”と言うことで、無意識になってしまうから仕方なし。

もうちょっと近づいた方が、ワンちゃんの目力が効いたかもしれない。

CANONのFDレンズは昭和54年の春にNewFDへ移行しているので、このレンズは少なくとも30年以上前のレンズ。この時代のレンズとしては開放からこれだけ撮れれば良いレンズだったはず。

ちなみに貧乏だった私は標準レンズはF1.8の安い方しか使ったことが無く、それも高校生の頃に売り払って28mmのレンズにしていた。
50mmF1.4の標準レンズは憧れのレンズだった。

2010 07 27 08:33 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.26

NEX-5で撮る単焦点レンズ(CANON (N)FD)

20100725”なにやってんのよ!”と、馬鹿なことをしていると、よく姉に怒られる。

先週末から立て続けにCANON (N)FDレンズを5本ばかり買った。
NEX-5にCANON FD用のアダプタを買ったついでで適当に買ったらこんなことになってしまったのだ。

FD 50mm F1.4 --- カビ付き500円也
FD 50mm F1.4 S.S.C --- 良い状態5,460円也
NFD 50mm F3.5 MACRO --- 外観は良いけれどレンズ曇り4,520円也
NFD 85mm F1.8 --- 前玉に1本拭き傷有るもののそこそこ7,500円也
NFD 200mm F2.8 --- 外観小傷、レンズ良し、ただし、うっすら曇りあり13,500円也

カビ付きの50mmは分解清掃の練習用。
マクロ50mmはメーカー清掃出し。接写用に使用予定。
50mm S.S.Cと85mmは使うのが楽しそう。
200mmF2.8はなかなかよろしい。F2.8と言うのが泣ける。13,500円なら文句無し。

若い頃・・・30~20年前くらいには欲しくても買えなかった大口径とかマクロレンズがこんなに安く買えるなんてね。
特にFDマウントはボディ側のフランジバックが短いせいで他メーカーのカメラにはアダプタをつけても無限遠が出せないため、叩き売りに近かったりするので買いやすい。
でも、ミラーレスのデジ1のおかげで生き返ります。

そう、遠くない将来にCANONから発売になるだろうミラーレスのデジ1ではFD、FEマウントも(きっと)アダプタ対応してくれるだろうから、それが楽しみ。だな。

2010 07 26 10:43 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.25

NEX-5で撮る単焦点レンズ(HELIAR 50mm F3.5)

Img_2046eこの"HELIAR 50mm F3.5"はコシナが復刻したレンズなので昔のレンズとはひと味違う”らしい”。
”らしい”と言うのはこのタイプの昔のレンズを持っていないからわからない。ただ、微妙な滲み具合は好きだ。
しかし、微妙に滲みを出すのが難しい。
近代的な製造技術のおかげで、綺麗に写り過ぎてしまうのだ。


Dsc00421e

Dsc00423e

Dsc00426e

Dsc00429e

Dsc00446e

Dsc00451e

2010 07 25 01:03 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

NEX-5で撮る単焦点レンズ(Sonnar 1:1,5 P=5cm)

Img_2141e"Carl Zeiss Jena Sonnar 1:1,5 P=5cm"と銘版にはあるけれど、本物かどうかわからないレンズ。しかし、比較的良い感じと思っている個体でテスト。
全て絞りはF1.5の開放。
かなりやわらかくなるけれど、近代的なレンズでは味わえない?ボケと眠さ?

Dsc00330e

Dsc00359e

Dsc00373e

Dsc00382e

Dsc00388e

Dsc00401e

Dsc00416e

2010 07 25 12:49 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.24

PJ NEWS | 56 - 「ツイッター」にはまるのはバカで暇人

リンク: PJ NEWS | 56 -.

”「ツイッター」にはまるのはバカで暇人”とまで言い切るのはどうかとも思うけれど、140字の情報に意味を求めるのも難しいのも確かにある。
140字にきちんと情報を盛り込もうとしたら、とても難しい。

いつでも書けるのが良いと言われても、それほどの思想も情報も無い。
暇つぶしに書かれた140字を読み飛ばすのは、とても辛い。

結局、自分のBlogのタイトルを流すに留まっている。どうしたものか。

2010 07 24 08:32 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.21

取って付けたようなことをすると・・・

ATCを聞いていると、国内でもそうなのだけれど、通信設定の際に”Good Morning”などの挨拶を付け加えたり、”Thank You”を何でもかんでも付けるパイロットが居る。AIM-Jを見ると推奨がされていない。

Guamではコンチネンタルのパイロットや母国語が英語の地元のパイロットとATC側とでスラング的な挨拶がされることが良くある。
たとえば、タクシーアウトする際に、”See You(またな)”の”See”だけを強調したスラング、奇声のようなもの。
私がATCを聞き始めた1年前にはあまり聞かなかったが、20歳台の若いATCとパイロットの間で良く聞くようになって広がったように思う。

退屈な日々にちょっとした張りを与える気合みおみたいな物と思えば、そう言うのもありかと思うが、これを非英語圏の者が真似をすると、あまりカッコ良くない。

それがこれ、「20100710.MP3」をダウンロード

N134AUと言うパラジャンのパイロットとコパイが、日本人訓練生の取って付けたようなスラングの真似を茶化したのをわざわざTWRの周波数に流したものだ。
挙句の果てに、客を乗せるときに、「ハイ!どうぞ!」なんて言っているのも茶化していた。

TWR(実は良くこのスラングの挨拶をしている管制官)がたまりかねて、”Knock it off (やめろ)”と言う。

---

普通なら、みっともないことをしたものだ・・・とこの訓練生のことを思うのだけれど・・・・

実は、この訓練生、Kさんと言うのだけれど、このフライトが初ソロだった。
うれしさあまりのことと思う。
知り合った4年前で既に100時間近く飛んでいて、その後の時間も合わせればかなりの苦労をしてソロに出たのである。
フライトの前も、グランドにソロの旨を告げていたので、TWRも初ソロと判っていたと思う。
”Knock it off”と言う不快感を示すスラングを、ATCなのに敢えて使ったことからもTWR側の気持が判るような気がする。

--

自分でも”これがカッコいい”なんて変な誤解をして取って付けたようなことをやってしまったこともある。

厳に戒めにしよう。と、思う。

2010 07 21 11:14 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.17

ネコにマタタビ

201007151先日、高山村の蕨温泉の近くまで仕事で行った帰り、道脇でこんな葉っぱの植物を見つけました。

おお!これが噂のマタタビ。
車を道の脇に止めて枝を何本か折ってきました。

201007171で、もって、悪戯ネコのお土産に。
最初の10分ばかりは涎をたらして楽しんでくれたものの、そのあとはあんまり・・・
実の方が良いのかなぁ?

2010 07 17 10:55 PM [etc, ねこ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.13

今年の収穫

Img_2040e今年は庭のブルーベリーが不作。
不作といっても、これくらいづつ2回か3回は採れそう。
親父はブルーベリーを食べない。悪戯ネコも食べない。ただ、ブルベーリーを食べに来る小鳥たちを追い払ってくれる。

そんなわけで、今年もそこそこブルーベリーが食べられそうだ。

Dsc00090e残念なのは天気が優れないので、味が良くないorz...


2010 07 13 09:37 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.10

NEX-5で撮る単焦点レンズ(JUPITER-9 2/85)

JUPITER-9 2/85はちょっと癖のあるレンズなので、開放は難しい。と言うより、ボケボケ。

Dsc00303eこう言う写真を上手く生かすには・・・

Dsc00267e上は開放F2、下は一絞りしてF4。
ネコの毛の一本一本一本がしっかりする。

Dsc00304eこちらも同様に一絞りの違い。
ボケボケの方が雰囲気が出るから面白い。
面白いと言っても、レンズの性能が悪いと言う意味でもあるので、なんとも。

2010 07 10 11:03 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

NEX-5で撮る単焦点レンズ(NOKTON CLASSIC S・C 40mm F1.4)

Img_2045eSONY E-mount /Leica M-mount用アダプタが届いた。
RAYQUAL製のLM-S.Eと言うもの。14,000円也。待ってれば1万円程度のものが出てくるだろうけれど、早く使ってみたいから仕方ない。

早速、NOKTON CLASSIC S・C 40mm F1.4等々を付けて見た。

まずは、純正で付いている、E 3.5-5.6/18-55 OSSで撮って見る。
開放傾向になるようにポートレート・モードしてある。

Dsc00169e最近のレンズなので、やっぱり硬質な感じ。

Dsc00175eDsc00184e

クローズアップで撮る時のコツも判った。と言うか、一度、オートで合わせた後、ピントリングを回すとピントの位置がクローズアップになる仕様だったのを、マニュアルを読んでいないものだから知らなかっただけ・・・

Dsc00189eこう言うラインも綺麗に出る。

こうしてみると、背景のボケは大きく出ないけれど、芯の無い綺麗なボケと思う。

ここからNOKTON CLASSIC S・C 40mm F1.4。全て、開放F1.4で撮影。
以前にフィルムで撮った時と変わり無い雰囲気。
このレンズ、開放でもしっかり撮れる。一絞り絞り込むとふわっとした感じがなくなるけれど、それほど変わらないから、開放で撮った方が雰囲気が出るように思う。

Dsc00214eDsc00216e
Dsc00222eDsc00229e
Dsc00240eDsc00248e

2010 07 10 10:42 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.09

ガーミンのGPSスマートフォンが苦戦 - WirelessWire News

リンク: ガーミンのGPSスマートフォンが苦戦 - WirelessWire News.

備忘録として

2010 07 09 06:36 AM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.07

迷子になる。

20100707狭山茶を飲みに狭山市へ行った・・・

では無くて、会議があって入間基地へ行って来た。
とりあえず、GoogleMapsから地図を出して行ったけれど、近くまで行ったものの、良く判らない。
会議の事務局からいただいていた地図は、なんとなく基地の外に会場があるような気がしていたがそうではなかった。
結局、期せずして入間基地の中へ入ってしまい、図々しくも案内いただいた自衛官の方に食堂まで案内していただいて、食事して、会議会場へ向かうものの建物が似ていて基地内でIMC(迷子)になる。。。
思わずIRUMA TWRにコンタクトしてレーダーベクターを貰おうかとも思ってしまった・・・・

基地指令ともお話が出来たし、なかなか、新鮮でした。

2010 07 07 11:05 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2010.07.03

あたらしい、オモチャ。

Img_1922eマイクロフォーサーズを買おうかと散々迷った挙句、NEX-5にした。
カメラとしてはLUMIX DMC-GF1やOLYMPUS PEN E-P1の方が良いと思うのだが、APS-Cと言うことでこっちにした。
最終的にはLeicaのLマウントやMマウントのレンズを使いたいから、出来るだけ画像素子は大きいのに限る。

と、言いながら、実は姪が「後ろがボケる写真を撮りたい」と言うので、適当に小さいデジ一を選んだということもある。

Img_1914eこっちはいつも使っているCANON Power Shot S90。
Dsc00035eで、こっちがNEX-5。焦点距離の長い方で、かつ、開放で撮るので後ろはボケる。

ただ、細かく見るとS90の方が解像度が良いのである。
APS-Cのサイズなのにレンズがコンパクトなのでレンズに無理があるのかもしれない。

Dsc00080eこう言う写真だと、コントラストが足りない?

Dsc00113e室内なら特に問題無いようにも思う。

Dsc00011eまぁ、もうちょっと使い込んでみないと判らないかな?

Dsc00071e

2010 07 03 09:28 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.02

ワンパターンに潜む落とし穴

昨日書いた記事は珍しく読む方が多かった。まぁ、表示のしかたもあったかとは思う。

さて、件の訓練生の方が何でこんなことになったのだろう?

実はこの方、このフライトの直前にトラフィックパターンを一時間くらいしている。
問題無いレベルだっと思う。ATCの発音や用語で言えばライセンシーの私より遥かに良かったと思う。
さらに、その前の日は同じパターンで南の訓練空域で訓練をして、ATISを取ってインバウンドのクリアランスを取って、VORからストレートインをしてT/Gをしていた。
同じくらいの進度の頃の私と比べたら、遥かにしっかりしている。
インストラクターとしては一連の流れが出来ることを確認して、当日もトラフィックパターンで確認をして、ソロに出したのだろう。

しかし、5NMを出る前に管制官からダメ出しを貰ってしまった。

不幸だったと思うのは、離陸直後に行きたかった[RIGHT DOWN WIND]に2機も先行機がいたこと。
管制官は出発機の扱いのために、VFR-VFRの間隔を広く取っておきたかっただろうこと。

普通だったら、離陸してしまえばそのまま右旋回をして、5NMでレポートしておしまいなのに、離陸したての緊張しているところに、いつもと違うことを言われてしまい、自分のしたいことと勘違いしてしまったのか?
さらに間違ったREAD BACKを管制側がCLE業務のために訂正せず、後から調整しようとしたものの・・・
いつもだったら呼ばれないところで呼ばれるので、訓練生はなんと答えたら良いのか判らなくなってしまったのだろう。

例外が重なってしまい気の毒なことになってしまったとも言えるが。。。

こう言うのにはやはり場数が物を言うのだろう。

2010 07 02 08:27 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.01

何でもいいから、帰ってきなさい。

PGUMの南にある訓練空域へ行こうとし訓練生のATCに不安を感じた管制官が管制空域を出る前に強制的に帰投させた例。

呼び出しても、通信設定が出来ない、頓珍漢な答えをする訓練生に強制的に帰投を指示。トラフィックパターンを組むことすら指示せず、とにかく、真っ直ぐRWYへ帰らせる辺りはさすがと言うか腫れ物に触るようと言うか・・・
右50度18ノットの厳しい条件でソロに出すインストラクターもさすがと言うか・・・大丈夫のかなぁ?

ワンダーランドPGUM!

***

8AR(C172)が先行して[TAKE OFF]、[RIGHT DOWN WIND]~南下、訓練空域Bへ
XXX(C172)が南の訓練空域BをREQ.し、#2で[TAKE OFF]
328(C172)が[RIGHT DOWN WIND]で[OPTION REQ.]
TWRは328へ[EXTEND DOWN WIND]を指示
XXXが[RIGHT TURN]をREQ.
TWRはXXXへ間隔を空ける為に[EXTEND UP WIND]を指示
ところがXXXは「EXTEND DOWN WIND」と誤READ BACKし、勝手に右旋回し[RIGHT DOWN WIND]、南下
TWRはGND(CLE)業務で忙殺
TWRは先行している8ARへ、ATCを間違え間隔を詰めてしまった後続のXXXのトラフィック情報を伝えてから、XXXを呼び出し・・・
**
TWR : CESSNA NYYXXX, AGANIA TWR.
XXX : Say again?
TWR : CESSNA NYYXXX, AGANIA TWR.
XXX : ・・・
TWR : Instructor on board huu CESSNA NYYXXX? AGANIA TWR. Radio check how do you hear me?
XXX : ・・・
TWR : CESSNA NYYXXX, be use transmission, please IDENT.
XXX : ・・・ Information Sierra?
TWR : CESSNA NYYXXX, Proceed inbound for RWY 6R.
XXX : ・・・
TWR : CESSNA NYYXXX, AGANIA TWR.
XXX : XXX
TWR : CESSNA NYYXXX, Proceed inbound for RWY 6R.
XXX : Proceed inbound for RWY 6R, XXX.
TWR : CESSNA NYYXXX, RWY 6R, Wind 110/18, Cleard to Land.
XXX : 6R Cleard to Land, XXX.

2010 07 01 10:59 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック