« 里親募集中 | トップページ | 急成長するスマートフォンのナビ市場にPNDベンダーが急接近 - WirelessWire News »

2010.06.22

そんなに怒鳴らなくたって良いじゃない?

PGUMは国際空港なのだけれど、結構暇な時間もあってGNDとTWRを一人でやっている時間帯もあります。
かと思うと、別々に管制官がついていたり。

通常のATCだとPGUMの場合、GNDはCLEも兼ねているので、ローカルフライトのVFR機もフライトのインテンションをまずGNDでレポートします。その後、その内容が、タワーへ引き継がれて、インテンションや状況に応じてTWRがデパーチャータイプを指示します。

ところが、最近、レディを掛けた後、TWRがフライトのインテンションを尋ねる(Say route of flight?)ことが多くなったため、丁寧なパイロットは聞かれる前にGNDで告げた内容を再度告げています。
ただ、本来はGND→TWRで済まされるべきで、ATCを聞いている側としてはどうなんだろうと思っていたら、やっぱり、気の短い管制官が切れていました。
C-172が3機もトラフィックにいてそこへTWRの周波数でインテンションをフルに流すものだから、えらい剣幕でまくし立てていました。

「お前、さっき言っただろう!GNDで最初にもう言ってるだろう!どこへ行くかなんてみんな判ってんだから何度も言うんじゃねぇよ!」ってな乗りで・・・

元を正せば、GND→TWRの連携の悪さから始まったことのように思うのだけれど、例外が常態化するとやっぱり煩く感じるのでしょうね。

「016B_100616_0630.MP3」をダウンロード

2010 06 22 09:57 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに怒鳴らなくたって良いじゃない?:

コメント

コメントを書く