« 帰国 | トップページ | Jokes Blogger » Joke of the Day - Rules »

2010.02.25

お留守番

100224e1長期間の旅行で心配なのが、ペットのこと。
我が家は親父の一番の家族の悪戯猫がいる。

親父の方針で、”猫の好きなように”としているので野性味たっぷりに育ったから、こんな時も比較的気楽ではあるけれど、寒いかったりお腹をへらしたりさせたら可哀相。
そんなわけで、今年は急ごしらえで段ボール箱でシェルターを作って、中にベットを入れ、さらにコタツ布団を掛けることにした。
コタツには火は無くなるが、寒くは無いだろう。

100219いつもひなたぼっこしている縁側には長座布団を用意した。日の入り方でお昼寝する場所が代えられるようにと言う親父の配慮である。

ご飯はカリカリのキャットフードを一日100gくらいが普通のようなので、5日で500gほど要る計算。
いつもの食卓に400gの袋を半開きにしておいて、昼間のお昼寝ベットの脇にも400g、隣のおばさんには400g2袋を預けて、勝手口の猫穴の脇の皿にいつもあるようにとお願いした。
水もあちこちに置いた。

なんだかんだ言っても、結構、過保護かもしれない。

結局、帰ってきてから隣のおばさんに聞くと、外に置いてもらったご飯はほとんど食べず、心配して、猫穴からご飯皿を家の中へ入れてくれていたようである。
本にゃんは躾が良いのだろうか?、家の中だけでご飯を済ませていたようだ。

100224e2家に戻って、勝手口を開けるために手間取っていると、中からお帰りコールが聞こえた。
ひとしきり、撫ででやってご飯をあげ、泥足で砂だらけになっている廊下や居間の掃除を始めると、うれしいのか庭と家の中をお構い無しに駆け回ってくれる。
掃除の意味が無いので叱るのだが、お構い無し。

掃除も済んで、ダイニングでお茶を飲みながら一休みしていると、定番の親父の椅子半分に座ってご満悦。

5日も居なかったら、隣の家の猫になっていたらどうしようなんて言っていたけれど、文句も言わずいつものようにしている姿はやっぱり、かわいいものだ。

2010 02 25 12:13 PM [etcねこ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: お留守番:

コメント

コメントを書く