« 法隆寺から中宮寺 | トップページ | 奈良ホテル »

2010.02.16

唐招提寺から薬師寺

1002161唐招提寺はお寺としてはその来歴からしても質実剛健と言うか地味だと思うが、鑑真和尚へ思いを馳せながら散策するのが好きである。
改修が済んで壁の漆喰や柱、垂木の埃がきれいになった金堂が気持ちよかった。

以前訪れたのは金堂が改修が開始された間もない2001年か2002年だったと思う。
大阪から大和西大寺まで近鉄で来て、レンタサイクルでこの辺りを巡った。
寒い日で薬師寺、垂仁天皇陵、西大寺と廻ったが、目的の唐招提寺が改修中であまり良い記憶が無い。
その後、2004年の冬にも訪れたがやはり改修中で記憶が無い。

1002162一方、薬師寺は唯一創建時の建物である東塔が改修のための調査で足場とシートに囲われいた。
ただ、 玄奘三蔵院伽藍の大唐西域壁画が公開されていた。
昨年12月に亡くなった平山郁夫画伯の画で、平成3年に創建された伽藍とあいまって飛鳥を廻る旅の中では不思議な感じがした。
しかし、思えば数百年、千年経てばこの伽藍も平山画伯の絵も国宝とか重要文化財とかとなるのかも知れないと思うと、さらに不思議な気がした。

今回の旅行はここでおしまい。
若い頃はレンタサイクルで走り回ったり、もっと歩いたが、すでに足がパンパンに張ってしまい、情けない・・・

2010 02 16 11:18 PM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 唐招提寺から薬師寺:

コメント

コメントを書く