« CANON Power Shot S90 | トップページ | RJTO »

2010.01.23

海軍Nightrider06とランデブー

「100114L.wma」をダウンロード

海軍のNightrider06(ヘリ)がILSの訓練を民間空港側でやっているところへ、スチューデントが混じってしまったという悲喜劇。


1001146NMsにNightrider06がインバウンドして来るところで、スチューデントがダウンウインドでオプションをリクエスト。
TWRとしてはNightrider06が遠くなので、ショートアプローチ(赤線)で先に入れてやろうとするものの、スチューデントが理解できない。
グランドでは成田行きのコンチネンタルのクリアランスも出さないといけないので、クリアランスをキャンセル、Right360させてダウンウインドへ入れ直そうとするが、それも、理解できそうも無い。
今度はさらに遠くのTowLoversへ送ろうとするが、要領を得ない。
それを聞いていたNightrider06ちょっとビビリながらクリアランスを確認をする。
スチューデント側は「インストラクターは同乗か?」と詰問された挙句の果てに、今度はTowLoversの反対側のVORからインバウンドしろと、思い切り遠くへまわしながら入れる。(青線)

オチは、「フィールド見えるか?」とTWR。

実はこの音声の頭にも合ったが、アンダーソン空軍基地はOVC12だったのである。
トラフィックパターンの高度は1300feetなので、AGANAの辺りもそれくらいの雲底の雲があった筈。
さらに、VOR付近の山のピークは1000feetくらい。
うっかりしたら、山にT&Gしてるって、それは・・・・

ショートアプローチが理解出来なかったと言う失敗はあるけれど、ちょっと気の毒だったなぁ。

ただ、原因のひとつには、ここのスクールのインストラクターはATCに厳しく、かなりのところまでスチューデントにやらせてしまうと言うこともある。(そのこと自体は訓練として良いことだと思う)
それで、管制官もインストラクターが同乗のつもりで厳しくやってしまうのである。
ところが、今回のように同乗かと思ったらスチューデントソロだっとなるとスチューデントが破綻してしまう。
危なくなければ良いけれど、今回はどうだったのかなぁ?

まぁ、この管制官も管制官で、一週間程前には、VORからストレートインする2機の間にスチューデントをベースから割り込ませようとして、やっぱり、スチューデントが判らなくて、そのままファイナルラインの上を通り抜けさせてTowLoversへやって、ホールドさせていました。
無理が好きな人だなぁ。。。。
玄人的には「詰めて入れてくれので早くて好きだ」と言う人もいますが、スチューデントには優しくないかな。

2010 01 23 12:46 AM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 海軍Nightrider06とランデブー:

コメント

コメントを書く