« 逆光 | トップページ | 遠くへ »

2009.11.09

定期的にやって来るトホホの神様。

パソコンがまた調子悪くなった。

と言うか、HDDが一杯になってテンポラリ・ファイルが出来ないために不調らしい。
こんな調子が二ヶ月以上続いてるたのだが、再インストールが面倒で500MBのHDDは買ってきたのだが、なかなか手をつけられずにいた。
しかし、ついに、先週末の朝、突然立ち上がらなくなった。
立ち上がらない件は何とか直したが、諦めて、新調してあった500MBのHDDに環境を移そうとしたが、何度やってもCloneするソフトがセクタコピーエラーして出来ない。これだけで1日費やして、諦めてクリーンインストールして、メール環境等々を移行して日々のことは何とかなるようになったが、環境以降はまだ半分出来ていない。
パスワード等が必要なサイトの環境に至っては、思い出せないので悲惨なことになってしまった。

こんな時に限って前後して映像関係専用のパソコンもおかしくなった。
こっちも立ち上がらない。BIOSすら立ち上がらないのでマザーボードが駄目になったものと判断して、オークションでマザーボードを買おうと思ったが、面倒なのでHDDだけ無い中古をパソコンを落札した
このパソコンをベースに、残っていたパーツでスペックが最高になるように入れ替えて再生したのだが、なんとなくもったいないので、今度はマザーボードだけオークションで買い、また、500MBのHDDも買ってきて2台にしようとした
ところが、作業している間に2台目の再生をしようとしていたパソコンの画面がちらちらし始めた。どこがおかしいのかケースを開けて調べているうちに、CPUファンを壊した挙句の果てに、立ち上がらなくなった

やけくそになって、マザーボードとCPUファンをまたオークションで手に入れた。ところが、届いた日にNETで調べていたら、直るらしいことがわかり、試すと、直った。

1台の調子の悪くなったパソコンが、2台のパソコンとマザーボード2枚と壊れたCPUファン、オークションで落札したマザーボードに付いてきたおまけのCPUと500MBのメモリが残った。

この状態は、HDD、CPUファンとケースがあれば、もう1台パソコンが再生できると言うことである。
CPUファンは使わずにいた、ペンティアムⅢのファンを無理に移植して再生した。
後はケースがあれば・・・・

延々と古いスペックの深みにはまるだけのような気がしてきた。
とは言ってもペンティアム4、2.8MHzくらいのものなので、WindowsXPなら十分のもの。

どこかで、諦めないとPC骨董趣味になってしまう。

2009 11 09 12:14 AM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 定期的にやって来るトホホの神様。:

コメント

コメントを書く