« お花畑 | トップページ | ハロウィン »

2009.10.30

Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に

リンク: Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に.

「GPSナビゲーションの機器メーカーは携帯に置き換えられる」と言うのは、ずいぶん前から言われていたことですが、なかなか現実にはなりませんでしたね。

日本国内ではキャリアが通信料を取れないサービスは展開しな言うとや、通信料金が高いことからWEBベースのサービスが料金的に魅力が無かっただなどなど。

10年ほど前に、EPSONの「ロカティオ」と言う商品がありました。
これは地図サーバを持ち、WEBベースの情報を提供していくと言うものでしたが、当時の通信環境(IDOのPHS)につなぎ放題と言うサービスが無く、コンテンツもなかなか充実せず、数年前にサービスが終わりました。
コンテンツ・プロバイダ側のお手伝いで、商品が立ち上がる前から多少関わっていましたが、魅力があるとは思うが、時代が早すぎたのかなぁ?と印象を持っていました。

今回は、Googleが蓄積したコンテンツとユーザーに対しては”無料”と言うアプローチなので、行けそうですね。
AppleがiPhoneで乗ったら、決まりだろうなぁ・・・。

株価の推移を見ていると、世界規模のGPSナビゲーション両雄、GARMIN、TOMTOMともに大暴落しています。
GARMINは昔から携帯へのアプローチがあり、今でもありますが、いまひとつはずしているような・・・・
GARMIN-ASUSで組んだ、http://www8.garmin.com/nuvifone/ もありますので、今後どうなることやら。
GARMIN社は航空機のガラスコックピット化G1000を代表とする機種で独占的になっていますので、こちらで伸ばせる余地がありますの回復の手がかりはありますね。

ただ、TOMTOMは民生中心でジリ貧だったところへ追い討ちを掛けられ大変でしょうね。

2009 10 30 05:33 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に:

コメント

コメントを書く