« 初(?)ソロは地上滑走 | トップページ | 風を聴け: 初(?)ソロは地上滑走 »

2009.09.29

Zaon Flight Systems - PCAS MRX-A -UPDATE

Zaon Flight Systems - PCAS MRX Overview

PCAS MRX-A だが、スイッチが壊れた。

090929構造を見ると、4方向のスイッチとセンターのスイッチが一軸でまとめられている。
その軸はなんとプラスティックで2mm角程度しかない。
これに10mm径程度の円盤の操作用のプレートが付いているのだからたまらない。梃子の原理で力が掛かり折れてしまう。
これは、構造的な欠陥だなぁと思いつつ、メーカーへ問い合わせると”UPDATE”が可能と返事が来た。
”REPAIR”では無いと言うのはメーカーも構造的な問題を認識しているのだろう。案の定、最近のモデルは円盤様のプレートでは無くてスティックに変更になっていた。

経費は$50。テキサスまでのEMS料金が1,200円なので都合、6,000円程掛かった。修理期間は約1ヶ月。

日本国内でも10台くらいは使われているのではないかと思うので、このBlogの記事に気が付かれた方は、壊す前に大切に使うか、購入から1年未満なら無料のUPDATEを依頼してみると良いと思う。

2009 09 29 09:11 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Zaon Flight Systems - PCAS MRX-A -UPDATE:

コメント

私もMRXを持っていますが購入して1週間くらいで他のTrafficが捕捉されなくなりました。
メーカーに聞いたところ送られてから1週間以内に直すとのことでしたが、結局1か月強かかりました。
保証期間内だったので無料でしたがメールをしても返事がなかったりでサポートが非常に悪かったです。

私のMRXは最初からスティックでした。

投稿者: (Oct 3, 2009, 10:32:16 PM)

あちらの会社の対応は時差の問題もあるかもしれないですね。
真夜中の1時くらいにメールしたときは、5分間隔でチャットのようなやり取りもありました。
小さなベンチャー企業のような感じもあり、手がある時と無い時で差があるのかもしれないですね。
修理は自社では無くて外注に出しているようで、Zaon社へ修理が上がってからはEMSで5日位で到着しましたので、社内の遅延は無いようにも思います。

投稿者: (Oct 4, 2009, 12:58:38 AM)

コメントを書く