« May 2009 | トップページ | July 2009 »

2009.06.30

検索エンジン

検索エンジンに登録され、検索でトップに出てくるのが重要なマーケティングと言うのが世の中にある。
個人のWEBやBlogではあまり関係が無い様に思うので検索エンジンからの訪問をお断りするタグを数ヶ月前に入れてみた。
---
<meta name="robots" content="noarchive">
<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />
---
検索エンジンからの削除やキャッシュからの削除には時間が掛かると聞いていたが、忘れた頃に効果が出てきた。
実は、最近、”検索ワードが少ないなぁ”と思っていて、このタグを入れていたのを思い出したのだった。。。。

そんな風にしてみると、このBlogへの日々の訪問者はブックマークで訪問頂く方が120名ほどいらっしゃるようだ。
多いのか少ないのか良く判らないが、どんなものなんだろう?
どちらにしても、とてもコアな方が多いようにも思う。

先週末、今度はインデックスだけ登録されるようにしてみた。
そうすると、世の中で検索用語が多いものからヒットしてくるようで面白い。

2009 06 30 11:50 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.28

Taxi Clearance

FAAとICAOのTaxi Clearanceの相違で要注意なのが、Taxiの限界点。
GuamでエアラインがターミナルからタクシーウェーJを経由、24Rを横切り24Lに入らず手前で待つ場合のATCは、

FAA :
Pilot : Taxi to RWY 24 left via taxiway J. (24Lまでにある滑走路(24R)の横断を含む) 

ICAO :
Pilot : Taxi to RWY 24 left via taxiway J. (24Rの手前で一旦止まる)
ATC : [機番] Cross RWY 24R. (横断にクリアランスが必要、概ねATC側が自動的に指示)

と言う違いがあり、日本では時折滑走路への誤進入がある。
逆にICAO基準の日本からGuamのようなローカル空港へ行くと、ATC側から”さっさと行きやがれ”的に煩がられる。
もっとも、英会話で意思疎通がキチンとしていると、”24Rを横断しても良いですね?"と聞いても””横断下さい sir.”の様に敬語が用いられる。

「090619_JAL982.wma」をダウンロード
この例は6/19の深夜、JALWaysがグランドでIFRでの出発のクリアランスを取り、ランプへプッシュバック依頼、タワーへタクシークリアランスを取って出発していく様子。
クリアランスを取る相手が変則なのでATCの指示をきちんとしていないと面倒になる。Guamはタワーとグランドを分けていながら、実は一人でやっているので、ランプ以外のことは間違って送信しても通じてしまうのだが・・・
この例ではランプで手間取って、タクシーを開始するも、タクシーの限界点で確認でさらに手間取り・・・タワーから「24Lへ行くには24Rを横断しなきゃ行けないだろ」的なATCをされると言う気の毒な例。
パイロットにすれば、「日本なら”24Rを横断してください”って言ってくれるのに」と言うのが本音だろう。

「090628_JAL982.wma」をダウンロード
この例では、着陸機が20NMに来ていたので、”遅滞無く行け”と言うATCの指示だったのだけれど、CrossRunwayと停止位置の確認を繰り返したので、最後はタワーから”YES”の一言で済まされる例。
タワーとしては10分程度で着陸機があるので、982便を24Lの手前で”Hold short of RWY 24L at J"させ、着陸機は手前のG Taxiwayから出せればスムーズに行くと考えたのに・・・と言うところでしょう。

大変だなぁ。


2009 06 28 12:52 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.27

グライダーに関係無いテクニック

090627JA2338・ファルケで試したプロシジャー・ターン(FAA)。オマケ付き。
IFRのアプローチのテクニックの1つで、VORやNDBを使ってするもの。
今回は単にDGとストップウオッチだけのパーシャルでやってみました。
”当然、VFR”

まず、DG270度でアウトバウンド・コースを1分、
左45度(225度)で1分、
スタンダード・レート・ターンで1分
 (と思ったらターンコーディネーターが動いていないので適当)、
45度で一旦ロールアウトして、
VOR 090 TOまで(なんだけれど、VORがか無いのでGPSで適当に)、
VOR 090(のつもり)のインバウンド・コース1分。
(アウト/インバウンド・コースがずれているのはご愛嬌)

オマケで右360と左360。ロールアウトが遅れ気味なので8の字が傾いちゃった・・・。

まぁ、DGとストップウオッチだけで描いたプロシジャー・ターンとしては上出来でした。

しかし、グライダーに関係無いテクニックです。

2009 06 27 10:03 PM [Glider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.26

アンプ内蔵アンテナ分配器

090626アンテナ分配器を作ったのに続いて、調子に乗って、アンプ内蔵アンテナ分配器も作った。
正確には以前PC1651Gを使って作った広域帯アンプを改造して、無理矢理アンプ付きアンテナ分配器にしたものだ。
中が狭くてフェライトコアのトランスがくっついてしまっているので、インピーダンス変換は怪しい。
ただ、見た目だけはスマートだ。

2009 06 26 11:38 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.25

2分配器の作り方 受信専用 500KHz~1300MHZ対応 3D無線クラブ

リンク: 2分配器の作り方 受信専用 500KHz~1300MHZ対応 3D無線クラブ.

090625電界強度計を作って以来、高周波系の人になっている。

今日は、アンテナの分配器を作った。原理は・・・良くわからない。。。
航空無線通信士だから一応技術操作が出来るはず。これくらい解らなければいけないのだけれど、”なんちゃって”なので仕方ない。

入って来たインピーダンス50Ωの信号をフェライトコアに巻いたトランスでを100Ωにスッテプアップして、それを2分して同様のトランスで50Ωにしているらしい。
使ってみると問題無いのでちゃんと出来ているみたいだ。

2分配すると当然出力が落ちるのでアンプを入れるという手もある。
以前、μPC1651Gと言う古い広域帯アンプICで作ったアンプがあったので入れてみた。
カタログスペックでは19dB(9倍)程度の利得があるはずだけれど、10dB位しか稼げない。
それでも2分配器を通した信号は6dB(半分)ほど落ちてしまうところが逆に10dB(3倍)ほど増加するので、分配器を入れるときには有効だろう。

ついでに、逆にしたらどうなんだろう?
50Ωが足されて100Ωになって、それがステップダウンされて50Ωになる・・・
アンテナに給電されているわけでもないので大丈夫だろうと、逆にしてアンテナ2本を合成して、無線に供給する様にしてみた。
電界強度計で計ると・・・余計悪い・・・やっぱり・・・ダメだよね・・・

20dB・・・10倍 = [ intLog(20dB/20)]倍

2009 06 25 10:26 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.24

ダミーロード

電界強度計を作ったのだから、無線機とかアンテナを計測してみたい・・・。
それには”ダミーロード”と呼ばれる、無線機の出力を減衰させる器具が必要である。
ちょっとしたものでも、数千円する。しかし、滅多に使うものでも無い。
だったら、”作れば良いや”と、また、作った。

090623無線機の出力が10W、アンテナのインピーダンスが50Ω。
したがって、200KΩ/3Wの抵抗を4本並列にしてアンテナにするだけ。
50Ω12Wのダミーロードの出来上がり。

抵抗を買いに行ったパーツ屋さんに放送局で使う中古のダミーロードがあって薦められた。
KWクラスでもOKそうなものが5,800円で売られていた。ヒートシンクの荘厳さにちょっと惹かれたが、放送局を開業する訳でも無いので、40円の抵抗を4本買うのに留めた。
しかし、あのヒートシンクには心惹かれるものがある・・・・。機能美と言うのはああ言う物だと思う。

それに比べると、このダミーロードの根元の半田付けはよろしくない。美しくない。。。。まぁ、仕方ない。

測定がし易いように電界強度計をデジタル化した。と言っても、メーターの出力を外部に出して、テスターに接続できる様にしただけである。あわせて、出力のmV→-dB変換表も作った。

0906231これで、絶対値では比較できないものの、相対値で計測比較が出来るだろう。
そんなわけで、ちょっとうれしくなって、いくつか測定してグラフにしてみた。

なんか、それらしいなぁ。

2009 06 24 12:37 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

GARMIN Japan.gtt 006-D1288-64 Ver2.1

2009/06/24追記
手持ちのEnglish.gttがColorado用だったため、Oregon用のEnglish.gttを入手してチェックすると、ミスタイプや誤訳はそのままとしても、収録範囲等については一概に比べてはいけない様です。
そのうち、時間が取れたら改めて見直したいと思います。

---------------------------

リンク: 風を聴け: GARMIN Colorado300 (JPN) Japan.gtt Ver2.3.

までに、いろいろ指摘していたのだけれど、最近、リリースになったJapan.gtt 006-D1288-64 Ver2.1は、直前の006-D1114-64 Ver2.30に比べてどうなのだろう?

全体的には用語の統一をしたり、画面にあわせてカタカナを半角や全角に調整しているようである。
また、怪しい翻訳は敢えてせずにタグを削除して元の英語が出るように逃げている。
気圧/高度グラフ関係などで機能ごと翻訳が無くなっているようである。
また、日本語入力関係のメニュも無くなっている。ファームの方で対応したのかもしれない。
航空関係、船舶関係はけっこう怪しい。前々から指摘しているが、その道のプロにチェックを依頼したほうが良いと思う。
ただ、航空関係のタグは普通のMapSourceでは使われていないようなので、誤訳があっても表に出ないと思う。

一年に渡ってgttを観ていると、最初より系統立って来ているように思うが、それでもタグを機能などで整理していないようで、同じ言葉なのに違う翻訳になっていたりする。
画面の字数の都合で省略があるやに思うので、すべてがいけないわけでは無いが、出来れば同じ言葉を使ったほうが良いだろう。
とりあえず、私はenglish.gttと言うオリジナルにも無い言語ファイルを作って、それを機能別、バージョン比較出来るようにして翻訳をチェックしているので、比較的楽である。
いいよねっと社さんもそんな風にしたら、もっ良くなると思う。

とりあえず酷いところは下記の3つくらいかと思う。

■TXT_THURSDAY_STR_M,Thursday,火曜,木曜,誤訳
木曜と火曜を間違えちゃいけないかな。
初期のcancelとcanal程インパクトは無いけれど、GARMINには木曜日が無いと言うのも如何なものかと思う。

■TXT_TANKS_STR,Tanks,タスク,,誤訳
タンクをタスクと言うのはどうしてだろう?打ち間違いだろうな。

■TXT_BEAR_RIGHT_STR_M,Bear right,,,タグに間違いあり
TXT_BEAR_RIGHT_STR_MはTXT_BEAR__STR_Mになってしまっている。
これでは絶対にBear rightは翻訳できない。

その他、これまでも指摘してきたものを約70個ほど。
自分では使う気が無いので、あまりまじめに見ていない。指摘が間違っているかもしれない。そのあたりはご愛嬌。

タグ,用語,翻訳,訂正,理由
TXT_HISTORICAL_TOWN_STR,Historical Town,旧蹟,旧跡,誤字
TXT_AIRCRAFT_PARKING_PAVED_STR,Ramp/Apron,高速道路,舗装駐機場,誤訳
TXT_AIRCRAFT_PARKING_UNPAVED_STR,Unpaved,未舗装道路,未舗装駐機場,誤訳
TXT_AIRCRAFT_ROAD_STR,Aircraft Road,滑走路,空港通路,誤訳
TXT_AIRPORT_DISPLACED_THRESHOLD_STR,Displaced Threshold,デスプレイス入口,過走路帯端末,誤訳
TXT_AIRPORT_HELIPAD_STR,Helipad,ヘリポート,ヘリパッド,誤訳
TXT_AIRPORT_HOTSPOT_STR,Hotspot,ホットスポット,ホットスポット,誤訳
TXT_AIRPORT_RUNWAY_CLOSED_STR,Closed Runway,閉鎖路,閉鎖滑走路,誤訳
TXT_AIRPORT_STOPWAY_STR,Stopway,過走帯灯,過走帯,誤訳
TXT_AIRPORT_TAXIWAY_INT_STR,Taxiway,誘導路,交差誘導路,誤訳
TXT_AVIS_AIRPORT_STR,Avis Airport,エイビス空港,,誤訳
TXT_AVIS_NON_AIRPORT_STR,Avis Non-Airport,エイビス非空港,,誤訳
TXT_BASIN_STR,Basin,盆地,,誤訳
TXT_BEGIN_STR_S,BEGIN,ALOITA,開始,誤訳
TXT_BRITISH_ISLES_STR,British Isles,ブリティッシュ,,誤訳
TXT_BUDGET_AIRPORT_STR,Budget Airport,バジェット空港,,誤訳
TXT_BUDGET_NON_AIRPORT_STR,Budget Non-Airport,バジェット非空港,,誤訳
TXT_COMPUTER_SOFTWARE_STR,Computer/Software,レンタル,,誤訳
TXT_CONTROLLED_AREA_STR,Controlled Area,コントロールエリア,制限区域,誤訳
TXT_END_STR_S,END,LOPETUS,終点,誤訳
TXT_ENTERPRISE_AIRPORT_STR,Enterprise Airport,エンタープライズ空港,,誤訳
TXT_ENTERPRISE_NEIGHBORHOOD_STR,Enterprise Neighborhood,エンタープライズ近隣,,誤訳
TXT_EXIT_W_O_SRVCS_STR,Exit without Services,料金所,,誤訳
TXT_EXIT_WITH_SRVCS_STR,Exit with Services,出入口,,誤訳
TXT_INVENTORY_STR_M,Inventory,アイテム,,誤訳
TXT_LANDMARK_STR,Landmark,農場/観光地,陸標,誤訳
TXT_LIMIT_OF_EXCLUSIVE_ECONOMIC_ZONE_STR,Limit of Exclusive Economic Zone,限界経済専管水域,排他的経済水域,誤訳
TXT_LIMIT_OF_NATURE_RESERVE_STR,Limit of Nature Reserve,限界自然保護区,自然保護区境界,誤訳
TXT_MARKERS_STR_M,Markers,シンボル,マーカー,誤訳
TXT_SEAWARD_LIMIT_OF_TERRITORIAL_SEA_STR,Seaward Limit of Territorial Sea,領海限界,領海線,誤訳
TXT_TANKS_STR,Tanks,タスク,,誤訳
TXT_THURSDAY_STR_M,Thursday,火曜,木曜,誤訳
TXT_BEAR_RIGHT_STR_M,Bear right,,,タグに間違いあり
TXT_PLACE_OF_WORSHIP_STR,Place of Worship,祭り/宗教施設,,なぜ祭り?
TXT_A__GREEN_TO_STARBOARD__STR_M,A (Green to Starboard),,,翻訳中途半端
TXT_B__RED_TO_STARBOARD__STR,B (Red to Starboard),B (スターボード レッド),,翻訳中途半端
TXT_IALA_REGION__STR,IALA Region ,IALA地域,,翻訳中途半端
TXT_NUN_BUOY_STR,Nun Buoy,Nun Buoy,,翻訳中途半端
TXT_PARKING_LOT_STR,Parking Lot,パーキングロット,駐車場,翻訳中途半端
TXT_PLATFORM_BUOY_STR,Platform Buoy,プラットフォームブイ,,翻訳中途半端
TXT_SUBDIVISION_STR,Subdivision,サブディビジョン,,翻訳中途半端
TXT_WATER_COVERAGE_STR,Water Coverage,ウォーター範囲,,翻訳中途半端
TXT_WRECKS_OBSTRUCTIONS_STR,Wrecks/Obstructions,漂流物・障害物,,翻訳中途半端
TXT_METERS_STR_S,Meters,#N/A,メートル,翻訳抜け
TXT_DIS_DEST_STR_S,Dist to Dest,最目的地距離,最終目的地距離,翻訳用語不整合
TXT_DIST_TO_POINT_STR_M,Distance To Point,目的地までの距離,,翻訳用語不整合
TXT_DIST_TO_PT_STR_S,Dist to Point,PT目的地距離,目的地までの距離,翻訳用語不整合
TXT_ETA_NEXT_STR_S,ETA at Next,目的地着時刻,目的地到着時刻,翻訳用語不整合
TXT_ETA_TO_POINT_STR_M,ETA At Point,ポイント到着時刻,,翻訳用語不整合
TXT_ETA_TO_PT_STR_S,ETA At Point,PT到着時刻,ポイント到着時刻,翻訳用語不整合
TXT_ETE_DEST_STR_S,Time to Dest,最着所要時間,最終到着所要時間,翻訳用語不整合
TXT_ETE_NEXT_STR_S,Time to Next,目的所要時間,目的地所要時間,翻訳用語不整合
TXT_ETE_TO_POINT_STR_M,Time To Point,ポイント間所要時間,,翻訳用語不整合
TXT_ETE_TO_PT_STR_S,Time To Point,PT間所要時間,ポイント間所要時間,翻訳用語不整合
TXT_GLIDE_RATIO_DEST_STR_M,Glide Ratio To Dest,滑空比(目的地),,翻訳用語不整合
TXT_GLIDE_RATIO_DEST_STR_S,GR to Dest,滑空比(目的),滑空比(目的地),翻訳用語不整合
TXT_LEG_COURSE_STR_M,Leg Course,ポイント間方位,,翻訳用語不整合
TXT_LEG_CRS_STR_S,Leg Course,PT間方位,ポイント間方位,翻訳用語不整合
TXT_NAVAIDS_STR_M,Navaids,航海,航法支援施設,翻訳用語不整合
TXT_SPOT_DEPTH_STR,Spot Depth,スポット深度,,翻訳用語不整合
TXT_SPOT_ELEVATION_STR,Spot Elevation,地点測高値,,翻訳用語不整合
TXT_SPOT_HEIGHT_STR,Drying Height,スポット高度,,翻訳用語不整合
TXT_SPOT_SOUNDING_STR,Spot Sounding,地点測深値,,翻訳用語不整合
TXT_VMG_STR_M,Velocity Made Good,コース有効速度,,翻訳用語不整合
TXT_VMG_STR_S,Vel Made Good,コース有効速度,コース有効速度,翻訳用語不整合
TXT_ANCHOR_DRAG_ALARM_STR_S,Anchor Drag Alarm,アンカー移動アラーム,走錨アラーム,
TXT_DRAGGING_ANCHOR_STR_M,Dragging Anchor,移動,走錨,

2009 06 24 12:03 AM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.22

Garmin Foretrex 301/401が新発売

リンク: Garmin | Compare.

Garmin Foretrex 301/401が新発売。
Foretrex 101/201のアップグレード版で、高感度GPSが搭載され、小型化されたのがポイント。
その他、インターフェースがUSBになったとか、401は電子コンパス、気圧高度計が搭載されたなど。
201で使い辛かったリチウムイオン充電池仕様は無くなり、単四電池仕様に統一。

いろいろなGPSを持っているものの、実は、一番使用頻度が高いのがForetrex 101。
シンプルで持ちやすいことが決め手。
地図だ、高解像度だ、カラーだ、タッチパネルだ・・・と言うのもガシェットとしては楽しいが、私の様なアウトドア用途では実用品では無いように思う。

今回のGarmin Foretrex 301/401は$199.99/$249.99と言うことなのだけれど、nuviの価格帯と考えると、いささか割高のようにも思う。

ちょっと、微妙だなぁ・・・

2009 06 22 11:57 PM [GPS] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.21

キャンプでパン焼き

0906211姪から”週末にキャンプしよう”と誘われていたが、残念ながら朝から雨模様でぐずぐずしていたら、昼から晴れてきた。
昼からでは出来ることが少ないので、ダッジオーブンでパンを焼いて、キャンプの雰囲気を味わうことにした。

生地は下記のレシピ。
これを練ったら、一時間ばかり一次発酵。イースト菌の活性の高い温度はかなり高いので、締め切った車の中に放置して、2倍くらいの量になるまで待った。
その後、荒く膨れた分を潰して、もう一度発酵・・・二次発酵。
どのくらい膨らんでからが良いかわからないので、適当なところで、型にして釜(ダッジオーブン)へ。

釜は蓋も含めて、しっかり焼き込んで置く。クッキングペーパーを敷いて、パンが膨らんでもくっつかない程度に並べたら、蓋をして、蓋の上に炭を乗せてこれだけで焼く。
焼く時間は、釜の大きさにもよるが、15-20分。

0906212こんな具合に仕上がり。
2次発酵が少なめで、膨らみがちょっと足りなかったけれど、餅餅した美味しいパンに仕上がりました。

雨上がりの午後のちょっとしたお遊び。

生地のレシピは下記の通り。細かいことは言わずに適当でも良いと思う。
 強力粉...350g
 無塩バター(有塩でも可)...25g
 イースト...6g
 塩...6g
 砂糖...25g
 暖めた牛乳(30度くらい)...250g

2009 06 21 08:41 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.19

電界強度計

Photo訳の解らないものや、非実用品ばかり作っていても不味かろうと、まじめに”電界強度計”を作ってみた。秋月電子のキットからだから、至って簡単と言うか簡単じゃないかと思うが、作業は多い。
オマケで付いてくるシールドケースは組み込み用のTVチューナー?のケースだからサイズが3倍くらいある。
これを金工用のハサミで切って、小さなサイズに作り直さなければならない。
中学生の技術家庭で作った塵取りを作るより簡単だけれど、金工用のハサミが無いから、いつもは紙やテープを切っているクラフトハサミで切った。
”そんなことするなんて、とんでもない奴”と思われる方もいるかも知れないが、クラフトバサミは結構丈夫なのである。
ケースは不良在庫の山のようになっているパーツ箱を漁るとちょうど良いのが出てきた。何かのケースにしようとサイズも確認せずに買って来たものの、サイズが合わずにここ4年くらい寝かせていたものだ。
感度調整用のトグルスイッチ、電源用のスライドスイッチを準備、アンテナコネクタを固定するナットをジャンクからサイズの合うものを外して・・・

まずまずの見てくれの、計測器が出来上がりました。
たまには、これくらいのことをしないといけません。

しかし、これのどこが実用品だろうか?
盗聴器発見器に使える?アンテナを伸ばして部屋中振り回してみると、壁際で+10dBくらい針が振れるところがあるので、”盗聴器?”と思ったものの、恐らくプレハブの骨がアンテナになってだけだろう。

うぅ~ん、実用品だ。


2009 06 19 11:40 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

風を聴け: 姿勢儀:Attitude Indicatorが作りたい

リンク: 風を聴け: 姿勢儀:Attitude Indicatorが作りたい.

090619圧電ジャイロセンサを買ってみたものの、基礎資料をちゃんと揃えていないので、使い方が良くわからない・・・
このセンサは2軸の角速度が検出できる。と言うことは、時間で積分すれば姿勢儀の角度が出せる。
しかし、時間で積分するのは面倒だなぁ・・・OPアンプでアナログ積算するかPICでA/D変換して積分するか。
どの道面倒なので、最初から傾斜を出してくれないかなと思ったら、3D加速度センサが有るじゃないかと思って、勢いで買ってみたものの・・・
これって、静止(等速)状態での話じゃないかと、買ってから気付いた。
これで空中姿勢を出すのはもっと面倒になりそう・・・

世の中、簡単じゃないなぁ・・・。と、いまさらながら参考書を買ってみた。
トランジスタ技術の別冊。
高校生の頃からの愛読書だけれど、買ったのは久しぶり。
子供の頃は、本を一生懸命に読んでからパーツを買ったけれど、最近は逆だな。

2009 06 19 10:56 PM [Glideretc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

Multicolr Search Lab - Idée Inc.

リンク: Multicolr Search Lab - Idée Inc..

写真の検索を”色”でするもの。
すごく、斬新な気がする。

このリンクではブルーで検索しています。

2009 06 19 12:18 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.17

風を聴け: 今日の工作 Make a Joule thief.

リンク: 風を聴け: 今日の工作 Make a Joule thief..

Led_lightぼちぼとと作り続けているJoule thiefのLEDライト。
コイルのフェライトコアの穴の大きいものを使って、1/6Wの抵抗を入れてしまうことで小型化出来ました。

忘れてしまうといけないので、パーツの配置を画像化。

Led_light2ダイソーの100円ライト(単3,4タイプ)を買ってきて、入っていたニップル球を割って(ごめんなさい)Joule thiefに換えてみた。
使い古した電池でも劇的に明るい!
エコなのかなんなのか解らないけれど、使い古した電池でこんなに明るいのなら、エコのような気がする。

2009 06 17 11:40 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

サイズがぴったり

090617せっかく買ってあげたのに入らないと思ったらた、最近はとんとお気に入りのベットになったらしい。

しかし、なんで、丸くならないで手足を伸ばしている?これじゃ、ブラックタイガー。

2009 06 17 10:07 PM [etcねこ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

A Journey Round My Skull: Extraordinary early 20th century book covers from Japan

リンク: A Journey Round My Skull: Extraordinary early 20th century book covers from Japan.

20世紀初頭の日本の書籍デザイン画。
古臭いと言えばそうなんだけれど、見方を変えると斬新。

2009 06 17 07:05 AM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.12

微妙なものが好き?

090612秋月電子のWEBを見ていると、何か作りたくなるようなパーツやキットがごろごろあります。(人のよって感じ方は違いますが)
私の場合、光物が好きなので時折”どうするんだよ?”的ものを買ってしまいます。
LED100個詰めとか・・・
写真は以前買ってパーツ箱と言うおもちゃ箱の底に沈んでいた、”振動フラッシャー”。
子供の靴に仕組んで、歩くとピカピカするパーツのようです。
”振動センサーでスイッチが入れられCR2032コイン電池付きで300円、”と言う何かになりそうで、かつ、お得感に惹かれて買っておいたのですが・・・いつものように、買っただけ。
それじゃ、まずいだろうと、ケースに入れました。
パターンも切ってON/OFFスイッチも付けてみました。

なんになるんだろうなぁ?
かなり微妙な振動でもスイッチが入りますので、セキュリティーグッズになるかな?

2009 06 12 09:06 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.10

月周回衛星「かぐや(SELENE)」 - SELENE通信 - お知らせ - 「かぐや」月面落下予測日時・場所

リンク: 月周回衛星「かぐや(SELENE)」 - SELENE通信 - お知らせ - 「かぐや」月面落下予測日時・場所.

月面のきれいな映像を提供してくれていた「かぐや」が明日未明(6月11日午前3時25分頃(日本標準時))月面に落下するのだとか。

目をひん剥いて見ていると、落下時に光るのが見えるらしい・・・(ウソ)

2009 06 10 06:15 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.06

旭岳

090605_2

0906053北海道で一番標高が高い旭岳へ行ってきました。残雪も多いし、小雨だったので登らず、温泉三昧。

2009 06 06 11:18 PM [etc] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.03

GPSホルダ

Gpsグライダーや飛行機など乗り物でGPSを使おうとするのは、GPSホルダを用意するのと同義語のような気がする。
GARMINのGPSの場合、比較的便利なマウントベースとGPSホルダがあるけれど、汎用性という意味ではRMA社製のベースが便利なため、RAM社のボールタイプのベースで使えるような加工が必要になります。

今日は、Colorado400t用のGPSホルダを作りました。
材料は自転車のハンドルバー用の純正ホルダにRIGHT STUFF社で加工販売されているRAM-B-260-M6と言うボール部分。
純正ホルダの中心部分に開いている角穴をM6ボルトの頭分だけ彫刻刀とリューターで大きくしてボルトを挿入。
このままではボルトの頭の角の当たりが少なくて、力が掛かった時に外れてしまいそうなので、”プラリペア”と言うプラスティック素材の造形補修剤で角穴の隙間を埋め周辺のプラスティックと同化させ、ボール側にワッシャーを入れて補強します。
これで、ホルダ中心部に沈頭型のボルト穴が出来上がり。
固まったところでボールをスプリングワッシャーと共に締めこんで出来上がり。

シンプルで使い勝手の良い感じのColorado400t用のGPSホルダになりました。

2009 06 03 08:34 PM [GPSGlider] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック