« 蚤の市でお買い物 | トップページ | MISSING・・・ »

2009.05.03

NDB DME RWY24R @ PGUM

090503時代遅れのアプローチになってしまったので、IFRの試験でもGPSアプローチが出来れば省略されやすいNDBアプローチ。
Guamでの試験ではILS, VOR-A, NDBの3種で行われるので訓練してみました。
時間的には空港で出発便が残っていたため、上がるや否やレオパレスでのホールディング。
その後、レーダーベクターで引っ張っていってもらうものの、アンダーソン空軍基地の真上近いところがIAFのADYIになるので、そこへのレーダーベクターは省略されて、途中へベクターされます。
初めてだし、予定外のところで”Left heding 210, Maitain 2200FT until establish NDB, Cleard for NDB DME RWY24R Approuch”なんて言われても、オーバーシュートするし、DMEまでちゃんと見る余裕が無いので、ステップダウンの高度は間違えるし、FAFではアンダーシュートしているし・・・・。
やっと、MAPまでたどり着いてフード外したら目の前は空港のターミナル、隣の06Rには着陸機。24Rにセスナがが入っているが、ローパスだから大丈夫的なATCも聞こえる・・・・。
慌ててサイドステップしてクローズしているRWY24Rをローパス、ダウンウインドへ入りるものの、ウェイクタービランスが怖いので、フラップ10度でスローフライトして時間稼ぎ。
ファイナルに入れば入ったで、左真横の風10数ノット。めいっぱいウイングローしても滑走路が横向いたまま。
さらに24Lは丘の風下がファイナルなので揺れる揺れる。
やっとRWYに頭を向け、これでもか!ってくらいに左翼下げて降りました。
これにて、今回の訓練周終了。

しかし、こんな日には飛んじゃいけません。

2009 05 03 11:56 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: NDB DME RWY24R @ PGUM:

コメント

コメントを書く