« Midnight ATC @ PGUM | トップページ | GPSホルダ »

2009.05.30

ICR-PS503RM(S) リニアPCMレコーダー 4GB

090530 リニアPCMレコーダーを買った。

私の世代は中学生のころSONYの”でんすけ”なるステレオカセットテープレコーダーで生禄をするのが流行った出代です。私もちょっとしたカセットテープレコーダーにちゃんとしたマイクをセットして、除夜の鐘なんか録音して遊んだものでした。テープのヒスノイズの向こうにあるなまめかしい音に・・・。

その後、ドキュメンタリー番組みたいなものを除けはカセットテープは消え去り、ICレコーダーへ移行し、数年前からは、ICレコーダーも”リニアPCM”なんて世界になりました。
カセットテープレコーダーがCDに取って変わられる時、アナログからデジタルへなんて流れでしたが、サンプリングがデジタルなだけでそれほど凄い訳ではなかったように思います。
データも非圧縮ですので馬鹿でかくて、高音質(高サンプリング周波数)=大容量=高コストと言うわけで、高音質の録音には大容量のメディアが必要で、DATテープレコーダーなんかが出たのを記憶しています。
さすがに暴力的な容量に無理があり、その後、MP3のような圧縮技術と記憶メディアの低価格化によって携帯プレーヤーが爆発的に伸びたのはここ数年のお話。

前置きが長いな。

なんで” リニアPCM”に固執してるかと言うと、やっぱり、”非圧縮”ってのが良いですよね。気分的に。
サンプリングも44.1MHzだから、理論的には可聴域以上の音が記録できている”筈”・・・って、老眼鏡が必要になる直前の老化状況では半分の音も聞こえないだろうけれど、気分は良い。
ま、そんなわけで2年くらい前から買おうと思っていたけれど、買う理由が無い。と言うわけでずっと涎を垂らしていたら、今まで使っていたICレコーダーがあちこち壊れてきた。電池ボックスの固定爪が二つ共折れたり、操作スイッチが接触不良を起こして不用意に止まったり。

これは、新しいものを買っても良いよと言う神様の啓示とばかりに、新調したのでした。
4Gの内蔵メモリにMax4GのminiSDが入れられて、” リニアPCM”モードで6時間/4Gの録音が出来るとな。
時代は変わった・・・片面30分のカセットテープをタイミングを見計らって一生懸命ひっくり返していたあの頃を思い出すと、時代は途轍もなく進んだように思うのである。

ただ、これで録音するのは、ATC。VFH帯のAM形式の音声なんぞ、何で録音しても音質は違わないんだけれどね。

まぁ、時代だから。

2009 05 30 09:59 PM [Glideretc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ICR-PS503RM(S) リニアPCMレコーダー 4GB:

コメント

コメントを書く