« Moagu: The Mother Of All GPS Utilities - GARMIN GPSでラスター地図を使う | トップページ | Garmin Unlock code(Key)の管理は? »

2009.02.06

USAirways 1549 (AWE1549), January 15, 2009

リンク: USAirways 1549 (AWE1549), January 15, 2009.

先日、1月15日ニューヨークでバードストライクによってハドソン川に不時着したUSAirways 1549 (AWE1549) の交信記録がFAAのWEBで公開されました。

Awe1549

New York Tracon Audio (MP3, 18.77 MB)
New York Tracon Transcript (PDF, 309 KB)

La Guardia Airportの情報

リンクは離陸直後、LaGuardia Towerから引き継いだNew York Tracon LaGuardia DepartureとUSAirways 1549 (AWE1549)他の記録です。

2027:36
USAirways 1549 (AWE1549)鳥がぶつかって推力を失ったとレポートするあたりから緊迫の数分が始まります。
2027:49
LaGuardia Departure(L116)はLaGuardia Towerへエマージェンシー、出発便を止めるようにリクエスト。
コールサインcactus1549を1529とか1539と間違えるあたりに慌てている様子が聞き取れます。
2028:05
LaGuardia Departure(L116)はrunway13に着陸できる旨通報。
2028:11
USAirways 1549 (AWE1549)この時点でLaGuardiaへは戻れないと判断、ハドソン川を視程に入れます。
2028:31
LaGuardia Departure(L116)は他機へのベクターしたあと、RWY31のレフトパターンを指示します。(おそらくRWY13の間違い)
2028:34
USAirways 1549 (AWE1549)は一言「出来ない」
2028:36
LaGuardia Departure(L116)はそれでも空港へ戻すことを考え、RWY4レフトパターンを指示。
2028:50
USAirways 1549 (AWE1549)は右側にTererboro空港を見つけ着陸を検討。
LaGuardia Departure(L116)はTererboro Tower(TEB)と調整。
2029:25
USAirways 1549 (AWE1549)はそれもだめと判断。「ハドソン川へ降りる」と伝えるがLaGuardia Departure(L116)は耳を疑うように聞き返す。
2029:51
LaGuardia Departure(L116)のレーダーから消える。それでもL116は2時方向7nmのNewark Airportも提案・・・。

mp3で緊迫の交信を聞けます。

トラフィックの参考

2009 02 06 08:04 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: USAirways 1549 (AWE1549), January 15, 2009:

コメント

コメントを書く