« ことしもバレンタインデーがやってきた。 | トップページ | GARMIN GPS英語版が簡単に日本語版になる? と言う話は? »

2009.02.15

Garmin Colorado 400t TWN 異常終了対策

購入、修理交換を経て延々と異常終了に悩まされていたGarmin Colorado 400t TWN だがやっと対策の目処がついたような気がする。

結論から言えば、
GarminDevice.xmlと\Garmin\GPX\CurrentにあるトラックログなどのgpxをUser Dataをリセットする。と言うことで良いようだ。
方法としてはマスター・リセット(左右の方向キーを押しながら、電源 ON、Do you really want to erase all user data?と表示、Yes)が一番簡単と思う。
特にFirmwearをアップデートした時は必ずマスター・リセットを行うのが良いようだ。

ここ一週間、マスター・リセットを行った後に起こるエラーは、測位環境が悪くロストした際、"Data Abort"が出るくらいで済んでいる。
放置し電池が終わってしまうと、"Abmormal Powrdown"も出るが、これはしかたないだろう。

最初の頃も、何度かこの方法は試したのだが、Firmwearのアップデートがある度におかしくなるので、この方法ではダメと思い込んでいた。
さらに、修理交換でGARMIN Asiaから戻ってきたColorado 400t TWNも同じ症状だったので、てっきり、Firmwearの問題と思いその方向で随分いろいろ調べることになってしまった。

おかげでこのBlogにも延々と書いたとおり、いろいろ知識は得られたが、なんとも情けないオチのようだ。
随分遠回りしてしまった。

この間、何人かの方に「私のColorado 400t TWNでは問題ありません」と伺っていたので、おそらく、私がいろいろとGPSをいじりまわして環境が変化した結果エラーを起こしたのかもしれない。

Colorado 400t TWNモデルは異常終了しやすいと言う誤解を生む結果になるといけないので、関係する記事は削除することにする。

2009 02 15 08:47 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Garmin Colorado 400t TWN 異常終了対策:

コメント

コメントを書く