« 200米ドル切る安価なPND、新規ユーザーの大量獲得を目指す(1/2) ― EE Times Japan | トップページ | 相談は難しい »

2008.11.18

ラスター地図からGARMIN Mapsourceを作るには?

旧知の友人でミュンヘン在住の岩松さんはヨーロッパ・アルプスをこよなく愛され、山歩きやスキーのその様子をWEBで公開されています。
また、海外のカシミール3Dユーザーにも良く知られた方と思います。

その岩松さんからGPSの件でメールを頂きました。

長らく初代 eTrex を使って来たものの、岩登りなどをはじめた都合で高感度な機種をと考えている。
山に持っていくのがメインなので、引き続き eTrex シリーズで電池が長もちするLegendHCxかVistaHCxにしようかと思う。
地図が表示できる機種なので、手元の色々な地形図(ラスター)を使おうと考えているが、地形図の画像を変換して自作するにはどのような作業が必要なのか?

と言うのが頂いたメールの骨子です。
同じようなことを考えられている方もいるかもしれないので、ご返事差し上げた内容を公開します。

初代 eTrexもシンプルに考えれば悪くない機種ですね。

最近、私は非行(飛行)中年になっていますので、計器のバックアップやフライトのログ用にForetrex101が一番使い易く活躍しています。
航空用のデーベースの入ったものも便利なのですが、きちんと準備すれば機体の計器並のことは出来るので、使い方次第だなと思っています。

ただ、やっぱり、よる年波に耐え切れず、身体的に小さい字が読めなくなって来ており、大きな画面のGPSが欲しくなっています。

そんなこんなで考えると、やはり、カラーのGPSは見やすいです。
LegendHCx、VistaHCxはどちらも良い機種ですね。
気圧高度計、電子コンパスはあればあったで利用価値はあると思います。
あとは、USBだけでなく、シリアルも欲しいとなると、GPSMAP60CSxになると思います。

私はGPSMAP60CSで更新がストップして、やっと最近Corolado400t(TWN)を購入しましたが、これはいまのところ失敗です。
新しい系列は使えるようになるまで半年くらい掛かるだろうと思ったのですがその比では無く、いつになっても使えるファームになりません。
それどころか、電源系の容量が全く追いつかないので、たぶん、どんなに改善されてもアウトドア用にはならないでしょう。
この手の製品が使えるようになるのは、次のモデルかな?

私が今アウトドア用で欲しいと思うのは、やはり、GPSMAP60CSxですね。

*

さて、地形図の画像を変換して自作する方法ですが、何らかのデータが用意できれば、あとは"cGPSmapper"と言うソフトを使って.img形式に
します。

アメリカの場合、USGSでデータを公開していますので比較的簡単に作れます。
http://gps.cocolog-nifty.com/mt/2006/02/garmin_mapsourc_9ab9.html
http://gps.cocolog-nifty.com/mt/2006/02/_garmin_mapsour_3fa9.html

ヨーロッパの場合、その辺りがどうなっているか良く判りませんが、デジタルデータさえあれば、岩松さんの力量なら簡単かと思います。

問題は画像としての地形図からデジタルデータを作る場合ではないかと思います。
理論的には、BMPの線画像をベクトルデータに変換して、cGPSmapperで扱える形式へ変換すれば良いわけですが・・・・
以前、そう言うツールを使って作ろうとしましたが、BMP地図の画像自体の品質、線自体の接続関係問題等々あって、修正が大変で実用には到れませんでした。
地形図の等高線がきれいに繋がっていれば良いのですが、崖の表現があると、そこで破綻すると思います。
登山道があっても破綻してしまいます。
そう言ったところを上手く解決する方法を開発して、私にも簡単に利用できるアプリにしていただければ幸いです!!!

Coroladoは使えないと言っておいてなんですが・・・
地形図の標高データをカラーグラデーションで表現できますので、こう言う物への対応も面白いかも?
アウトドアでの実用性は?ですが・・・
https://buy.garmin.com/shop/shop.do?cID=145&pID=11022#featureTab


とりあえず、雑駁ですが、こんなところです。

2008 11 18 07:20 AM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ラスター地図からGARMIN Mapsourceを作るには?:

コメント

コメントを書く