« Crosswind Landing | トップページ | N733SN »

2008.10.29

MEDIA RELEASE : 14 October 2008 - Qantas Airbus A330 accident Media Conference

リンク: MEDIA RELEASE : 14 October 2008 - Qantas Airbus A330 accident Media Conference.

Australian Transport Safety Bureau's investigation (ATSB)によれば、10/7に起きたA330-300、シンガポール発Q72便のアクシデント(37,000feetで急降下)はオートパイロットの誤作動に原因があったと発表。

センサ異常でオートパイロットが切断され手動操縦に移行したものの、数分後に再度オートパイロットが起動され、その際に誤った情報がコンピューターに送られた。
通常Airbusではこのような場合オートパイロットは切断されるが、ストールなどの異常に対しては安全のために自動操縦が行なわれる。
そのため、誤った情報により失速回避の自動操縦が行なわれ、最大8.5度の機種下げが行なわれ約200m急降下、アクシデントに到ったもの。。。とな。

当初、このアクシデントは乗客の持っていた電子機器のEMCによるコンピュータの誤作動ものではないかと言われていましたが、結局、センサ異常。

ほとんど場合、オートパイロットは安全ですが、時折、例外的なトラブルがありますね。
こう言うフライトに当たらないことを祈ります・・・って、自分のフライトのほうが危ないか。

2008 10 29 09:11 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: MEDIA RELEASE : 14 October 2008 - Qantas Airbus A330 accident Media Conference:

コメント

コメントを書く