« 「エコ情報にはうんざり」? 〜 消費者の変化への向き合い方 | WIRED VISION | トップページ | 【GARMIN nuvi 250 Plusインプレ】「Plus」で弱点を解消、隙のないPNDに | Response. »

2008.09.29

Option Approach

昨年、FAAのSELライセンシーになった際、試験官のディルクスさんから「ライセンシーになったのだから、進入方式はきちんと決めてリクエストするように」と頂きました。
その時は、「スチューデントはどうなるか判らないからオプションで良いけれど、ライセンシーは責任を持ってやらなければ・・・」くらいのつもりでいました。
先日、Guamで久しぶりに飛んだ際に、”タッチ&ゴー”をリクエストしても、”オプション”のクリアランスが帰ってくるので?と思って、FAAのAIMを調べてみました。


4-3-22. Option Approach

The "Cleared for the Option" procedure will permit an instructor, flight examiner or pilot the option to make a touch-and-go, low approach, missed approach, stop-and-go, or full stop landing. This procedure can be very beneficial in a training situation in that neither the student pilot nor examinee would know what maneuver would be accomplished. The pilot should make a request for this procedure passing the final approach fix inbound on an instrument approach or entering downwind for a VFR traffic pattern. The advantages of this procedure as a training aid are that it enables an instructor or examiner to obtain the reaction of a trainee or examinee under changing conditions, the pilot would not have to discontinue an approach in the middle of the procedure due to student error or pilot proficiency requirements, and finally it allows more flexibility and economy in training programs. This procedure will only be used at those locations with an operational control tower and will be subject to ATC approval.

要約すると、”インストラクター、エグザミナーや(スチューデント)パイロットがtouch-and-go, low approach, missed approach, stop-and-go or full stop-landingをひとまとめにしてリクエストし、ATCがクリアランスを出す用語で訓練や試験で何をするか判らない場合に便利な言葉”と言うことのようです。
したがって、ライセンシーはやっぱり、ちゃんと進入方式を指定してリクエストするのが良いようですが、ATC側としては問題なければ”なんでもOK”の”オプション”のクリアランスをくれるようです。
他のトラフィックがあると、タッチ&ゴーだけとかローアプローチだけとかショートアプローチなど、進入方式を指定されますが、普通はジェネアビに優しい空港なんですね。

ちなみに、日本ではどうかとAIM-J第3章を見ましたが、全て指定しなければならないようです。

2008 09 29 10:01 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Option Approach:

コメント

コメントを書く