« エコではない詰め替え? | トップページ | nuvi250+ Diagnose Page »

2008.08.28

Return Merchandise Authorization (RMA) for a repair

一昨日、GARMIN Corolado 400t TWNのファームのアップデートがあったのだが・・・

いつもなら早々に自分で試してみるのだが、今回はGARMIN TWNでやってもらうことにした。

・・・と言うか、先週、地図のインストール中にPCが固まって、強制的にリセットしたら地図データが尻切れトンボの壊れたデータになったらしく、PowerOnのあと"Loading Map"のメッセージ中にフェードアウトしてしまうようになってしまった。
壊れたデータが消せれば直せそうなのだが、FlashDriveにもならないので手が出ない。二つのソフトキーを押しながらPowerOnでファクトリーリセットをしても、壊れたデータを消せない。
一週間にわたってAsia Marketing Dept,と文通をした結果、”送り返してもらうしか無いね”と言うことに今日なった。

GPS45でがユーザーによるアップデートが可能になった頃は、失敗すると即GAMRIN送りだったのですが、その後、失敗してもIPLだけは生きていて、やり直しが出来るように改善されました。
しかし、Coloradoは内部で動いているOSがマルチタスクになっているらしく、ほんとに最初の起動プログラム以降は複数のルーチンが平行して動いているようで、画面は他の事をしているようでも、裏ではデータ量の多い地図を読んでいたりして、こう言ったところで引っかかるとどうにもならないようです。

普通に使っているときでも地図データ由来で落ちることがあるColoradoなので、尻切れトンボのデータではダメでしょうね。
ただ、こう言う致命的なエラーにならないように、エラートラップをかけて最低限立ち上がるようにしておくと言うのが親切な作り方なんだけどな・・・

久しぶりにGARMIN社から#RMA貰うことになりました。

2008 08 28 07:22 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Return Merchandise Authorization (RMA) for a repair:

コメント

コメントを書く