« nuvi250+ Diagnose Page | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバル 松本:プログラム オーケストラコンサート Aプログラム »

2008.08.29

Coloradoのトラブルシューティング(完全初期化)

修理が必要になったColorado 400t TWNを今日GARMIN TWNへ向けて発送したのだが、一つ問題が発生した。
関税である。
台湾->日本は関税無しだが、日本->台湾は電気製品では30%の関税が掛かると言う。(UPSの委託をしているクロネコヤマト)
修理品で価値”0円”としたいが、クロネコヤマトのシステム上”0円”入力が出来無いと言う。ハタと困って凹んだ。
GARMIN社内のツールでちょこちょこっと書き込めば修理は済むはずなので、それに送料とハンドリングチャージで4,600円+関税とGARMIN TWNから返送される$39が掛かるのは切ない。真面目に申告すると関税が20,000円となるので、合計約30,000円の修理になる。これでは、日本語モデルが買えてしまう。
実は販売店へ送れば片道で済むのだが、今回はGARMIN社と文通がしてみたかったし、TWNモデルを使っていること自体、自己責任だからしかたない。


そんなわけで、以前のようなファームウエアの書き換えが出来ないかと調べてみた。

1.まず、今回のトラブルの整理。

・地図データのインストール中にPCが飛んで、データが尻切れトンボになったため、ColoradoのOSが地図データを読めず、電源が落ちてしまう。
・崩れた地図データを消せば問題無いが、そのためにはユーザーレベルではFlash Driveモードにしなければならないが、その前に電源断となって手も足も出ない。
・GARMIN社のカスタマーサービスでも”Flash Driveモードに出来ない”と言う時点で諦められた。

2.次に対策案。

・ColoradoのOSによって地図データやUSB認識が行なわれているが、OSモードでバグっているいるわけだから、その前のPRE-BOOTモードでファームを書き換えれば全てがまっさらになるので崩れた地図データも消えてくれる。
・ちなみにGPSMap60系等以前ではこのPRE-BOOTモードによってファームの書き換えが行なわれていたので、アップデートを失敗しても、何度でもやり直しが効いた。

3.文献調査および研究

・Colorado 400t TWNは台湾へ旅立ってしまったので、nuvi250 Plusで予備調査をしてみる。
・文献調査をすると、nuvi系のPRE-BOOTモードは”電源をONの状態にしたままでいること”と言うことが判った。
・”電源をONの状態にしたままでいること”の状態で、USBを刺して、G7toWinでGPSのIDを見ると、ID:790、serial:*******と言うことが判る。従来のGARMINバイナリI/Fで動いていると言うことである。
・電源スイッチを離すと、OSが起動してFlash Driveモードになり、G7toWinではI/Fが取れなくなる。=OSモード。
・このPRE-BOOTモードで従来から使われているGARMIN社のupdater.exeによってファームの更新が出来れば、今回の問題は解決できる!!!

4.問題点と対策

・ファームのフラッシュ用のツールは純正のものがある。
・ところが、これ用の.RGN形式データは無く、全てOSモードでフラッシュするための、.GCD形式のデータになっている。
・しかし、考えてみると.RGN/.GCD両方の形式のデータでアップデートしていることがある。
・と言うことは.GCD形式のデータに.RGN形式のデータが入っているのではないか?
・文献を調査すると、.GCD形式のデータは複数のデータの集合体で一定のフォーマットに基づいているとのことである。
・したがって、.GCD形式のデータからアップデート用のファームの実体の.RGNが取り出せるようである。
・事実、文型調査よれば海外のユーザーはそうやって可逆的に古いファームを用いたり、システム・オーディオファイルだけ入れ替えたりしているようである。

5.残された課題

・ColoradoのPRE-BOOTモードにはどうやって入れるのか?
・.RGNファイルをどうするか?
の2点である。
前者は探せばありそうな気がするが、本体が無いので如何ともし難い。
後者はやがてバグフィクスでPRE-BOOTモードでなければバグフィクスが出来ないようなことがあって出された以降から使えるだろう。

すぐには役に立ちそうも無いが、そのうち役に立つかもしれないお話でした。

余談;
これって、昔、パソコン通信はTelnetで接続させていたのだけれど、生の接続のためサーバ側が危険極まりないので、FTPとかHTTPとかになって行ったのと同じような感じだなぁ・・・
それに、もしかしたら、英語版の日本語版化はこの方法で行けるのでは無いだろうかと興味が沸々沸いてくる。

2008 08 29 09:03 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Coloradoのトラブルシューティング(完全初期化):

コメント

http://blog.gcd.org/archives/51210316.html
修理の場合にかかる関税をなんとかしようという話なのですが、お役にたちますでしょうか。

投稿者: rainbow7 (Aug 30, 2008, 4:38:37 AM)

情報ありがとうございます。
そう言えば昔そのような方法があることを調べたことを、指摘いただいてから思い出し出しました。(遅かった!)

ただ、今回は台湾への輸出に当たっての台湾側での関税の問題もあります。
これは、台湾側の税法に拠りそうですね。

投稿者: なかざわかずお。 (Aug 30, 2008, 2:39:37 PM)

・ColoradoのPRE-BOOTモードにはどうやって入れるのか?

これができるといいですね。
感覚的にできないものだと思いこんでいて私はColorado修理に出しました。
期待しています!

余談にコメントもなんですが、FTPもHTTPもなかざわかずお。さんのおっしゃる生接続です。生じゃないのはssh,sftp,httpsですよね。

投稿者: はな (Aug 30, 2008, 6:01:03 PM)

何処まで出来るかはいろいろな意味で?ですよ。

ただ、PRE-BOOTモードは無ければメーカーサイドも困るでしょうから、隠し機能で必ずあると思います。
また、.RGNファイルはファイルフォーマットのことがわかる方はすぐに解けることと思います。

ssh,sftp,httpsの件と同様、適当なことを書いていますので検証は自己責任でお願いしますね!

投稿者: なかざわかずお。 (Aug 30, 2008, 10:54:49 PM)

ながざわ様、はじめまして。

ちょっと古い記事へのレスになってしまいましたが気になって投稿しました。

ご存知かもしれませんが、
http://garmincolorado.wikispaces.com/Miscellaneous#toc11
にある方法でUSB-Mass-Strage-MODEへ復旧できたのではないでしょうか?
既に修理済みとのことなので、検証は不能かもしれませんが...
これ、もしかするとColoradoの不可視フォルダや不可視ファイルへのアクセスも可能かもしれません。
それが可能なら日本語フォントや辞書ファイルの書き換えによりほぼ完全な日本語環境が構築可能ですよね。

私は日本版Coloradoを所有しているのでもし、お手伝いできることがあれば・・・と思います。

それでは。


投稿者: Glint (Dec 3, 2008, 10:36:47 AM)

Glint さん、こんにちは。

いただいた情報は私がnuviで文献検索をしたものの、Colorado版ですね。
正に求めていたものそのものです。
症状としても壊れたMap/gpxファイルによって起動しなくなったColoradoと言うこことですね。
ファームを強制的にPRE-BOOTモードで古いファームで書き換えて、初期状態にしてしまうと言うものです。

これによって、残されていた課題のうち、

> 5.残された課題
>
> ・ColoradoのPRE-BOOTモードにはどうやって入れるのか?
> ・.RGNファイルをどうするか?

PRE-BOOTモードへの入れ方が判ったことになります。
”Press and hold the "up button" on the Rock'n Roller while you plug the CO into the USB cable.”
(nuviでは電源ONホールド)

この事例の場合、”066101000230.rgn”と言うPRE-BOOTモードでフラッシュするための英語版用(?)の定義ファイルが公開されていますので、おそらく英語版ではこの方法で対策が取れると思います。

今後はTWN/JPNモデル用の.rgnファイルが何とかならないかと言うことになります。
現状でも.GCD形式のファイルから切り出すと言う方法が有りますが、大人の事情で難しいように思います。
この事例のようなトラブルが多発するようなら、GARMIN社も.rgn形式のデータを使った方法も平行して公開するのではないでしょうか?
それを期待したいところです。(それを期待してGARMIN ASIA
のマーケティング・マネージャーと文通したのですが、本体交換になりました)

不可視データへのアクセスはこの方法では残念ながら無理と思います。

投稿者: なかざわかずお。 (Dec 3, 2008, 11:25:54 AM)

コメントを書く