« GPS自作ネタ OHARARP LLC | トップページ | Garmin: Colorado 400t Updates & Downloads »

2008.07.02

GARMIN用日本語POIを作る

せっかく、Colorado 400t (TWN)で日本語が表示出来ますので、何か作ってみようと思いました。

100101プラオリティが高いのは”地図”ですがこのあたりは結構語りつくされています。それに、面倒・・・・。
一方、日本語環境用の新製品、日本地形図(TOPO10M) v8は”推奨機種は日本版のColorado300、GPSmap60CSx、GPSMAP60CS、eTrexHCx、Cx、Cシリーズなどになります。”とのことで、日本語版でないとロック解除が出来ないらしい。残念。

そんなわけで、地図はサードパティの地図に任せて、じゃ、日本語POIでも作ろうか・・・と、言うわけです。

お道具;
1.ひーくんの部屋(力技でDIY!).
から http://www31.ocn.ne.jp/~hisaoh/xls/POI-Generator2.xls
2.POILoader Japan 2.4.2 2007/11/30

①1.の”POI-Generator2”で”Yahoo電話帳”から必要なPOI情報を得ます。
②出来上がったデータをPOILoderで扱えるデータ形式に整形、*.csvとし、適当なディレクトリに保存します。
---HELPから引用---
<経度>,<緯度>,["]<名前>[@<警告速度>]["],["] [コメント]["]
経度および緯度はWGS84の10進度数形式(ddd.ddddd。マイナス値は西および南を示す)で指定する必要があります。
名前またはコメント内で改行する場合は、全体を二重引用符で囲んでください。
----
----例----data.csv----
137.90363,36.19750,カモシカスポーツ山の店・松本店,TEL0263-48-2424
137.97993,36.22143,サニーサイト松本店,TEL0263-25-9620
137.96893,36.23371,ICI石井スポーツ松本店,TEL0263-36-3039
137.97045,36.23183,ブンリン,TEL0263-33-3633
----
③POILoderで保存したディレクトリを指定し、poi.gpiを作成、GPSへインストールします。
この際直接GPSへも送れますが、USBメモリ等をのムーバルディスクのディレクトリへ書き込んでも良いでしょう。


非常に良くまとまっているリンク: Gadget Style: Garmin カスタムPOIの作り方まとめ(POI-Generator2).

2008 07 02 06:43 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: GARMIN用日本語POIを作る:

コメント

コメントを書く