« Colorado 400t 台湾版で使う日本語地図 | トップページ | STARMAC Stanford Testbed of Autonomous Rotorcraft for Multi-Agent Control »

2008.07.04

GARMIN Colorado 台湾版 vs 日本語版

私のところにColorado 400t 台湾版が届いて2週間後度になるが、結局のところ評価は最初の頃の、リンク: 風を聴け: GARMIN Colorado 400t 台湾版は買いなのか?.とほとんど変わらない。

興味を持たれる方も多いようなのでフィクションでFAQを書いてみた
笑って読み飛ばして欲しい。あくまでフィクションなので内容に責任は持てない


FAQ(フィクション)

126,000円を払う能力はあるけれど、払いたくないから台湾版で安く上げたい方。
いわゆる"けち"な方でお付き合いしたくありません。

GARMIN社やいいよねっと社に”台湾版で日本語が表示できるのだそうですね?”と問い合わせてしまう方。
ごめんなさい、お付き合いできません。

日本語しか判りませんがどうしたら良いですか?と言う方。
いいよねっと社の日本語版を100%お奨めします。いいよねっと社のサービスを受けてください。

英語版に比べ高すぎるから、台湾版を買いたいと言う単に比較論の方。
その次にはローマ字表記の日本地図は、日本語表記の日本地図に比べ使いづらいと言う新たな比較論の展開になると思います。悪いことを言いませんので日本語版をお求め下さい。

日台価格差で商売したい方。
今の現状だとユーザーに嘘を言わないと商売にならないでしょう?”裏技”などと甘い言葉で誘うのは止めたほうが良いように思います。

”裏技”が好きな方。
楽しんでください。

”UNLOCKする方法(Crack)を教えてください”と言う方。
そ、それはストレートですね。
一般に公開されていて誰でも入手出来る資料によれば、地図データ上の暗号はデータのサブファイルフォーマット上のオフセット0x9aのアドレスから20バイトの暗号が書かれているそうです。それを解けば良いのではないかと思います。がんばってください。

おもちゃが欲しい方。
英語版、日本語版、台湾版の全てのモデルを買って遊んでください。結果は必ずネットで公開ください。参考にさせていただきます。

スポーツなど何らかのことに人生を賭けています。そのためGPSにかけるお金が無いのですが努力は惜しみません。と言う方。
台湾版で節約するのも良い手だと思います。必要な地図などは日本語環境のものは自作してください。努力する方には出来る範囲で協力します。

個人の責任範囲の中だけで、きちんと完結できる方。
どのモデルでも面白いと思います。

2008 07 04 06:48 AM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: GARMIN Colorado 台湾版 vs 日本語版:

コメント

コメントを書く