« Colorado 400t 台湾版 ファームのバグ | トップページ | Missing tags in Taiwan.gtt »

2008.06.28

Colorado 400tの件で検索される方へ

ここ一週間、Colorado 400tの台湾版の日本語化の件でこのBlogを訪れる方が多いですね。

自分が面白いと思って、面白そうなところだけ書いているため、丁寧な書き方をしていません。そのうち、まとまったらWEBの方に書いておきましょう。

とりあえず、良くある検索内容に対する主観でのお答え。ひとつの意見、テキトーな使い方と思ってください。
メーカーや販売店に問い合わせても取り合ってくれない内容もあります。
全て自己責任の下で読んで扱ってください。

1.Colorado 400tの個人輸入
100mountainと言う台湾の登山用品店から買いました。
本体がNT$16,999、送料がNT$600、通関料200円、消費税1,900円でした。
先週の段階ではこの会社は海外向けの販売でのクレジットカード決済が不慣れでした。
一般に海外の通販でクレジットカード決済を行なう場合、クレジットカードの提示が本当の所有者か確認がされます。毎月の決済の書類のコピーや、カードの裏表のコピー、パスポート(国際的に通用する身分証明書)のコピーをFAXなどで送ることで事足ります。
通販担当者は英語が出来ますし丁寧なのでじっくり相談してください。

2.Colorado 400t台湾版の日本語化
本体のGARMIN\textに日本語化のための設定ファイル”japan.gtt”をコピーしてください。
”japan.gtt”は自分で作ってください。作り方はとても簡単なのでさらっとこのBlogを読んでください。
収録内容の正確性、使ったことによる何らかの不利益等全く責任を持ちませんのであしからず。

3.英語版の日本語化
本体にフォントセットが無いため出来ないようです。あしからず。

4.画面キャプチャ
右のソフトキーを長押ししてください。”ぴっ”と鳴ったら、本体のGARMIN\scrnに*.bmpが出来ています。

5.BaseMapがさびしい
台湾版のBaseMapの日本のエリアはほとんど白紙です。
寂しいと思われるのでしたら、gmapbmap.imgをいじると良いかもしれません。(壊しても責任取れません。あしからず)

5.自作のMapSourceを使いたい
Coloradoは扱う地図を全てgmapsupp.img一枚にまとめています。
sendmap20でまとめてインストールしたら良いでしょう。(元の地図は必要に応じてバックアップしておいてください)

6.インストールするときのモード設定
USBメモリモードになるように接続すれば良いです。GARMIN Serial modeはMapSouceがまだ対応していないような気がします。

7.Colorado 400t は良い製品だと思いますか?
久しぶりにいじりまわして楽しめるGPSだと思います。今のところファームウエアが未完でどうなるかわかりません。
アウトドア用としたらGPSMap60系の方が枯れていて安心感があります。個人的にはforetrex101が一番好きです。

8.そうそう、”なかざわかずお”と検索される方がいます。”なかざわかずお。”と検索されたほうが当りが良いです。はい。

2008 06 28 09:47 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Colorado 400tの件で検索される方へ:

コメント

コメントを書く