« 風を聴け: 水も空気もこれっぽっち? | トップページ | 360°view of the A380 flight deck »

2008.03.11

ひとり相撲

こう言うのは自分でも良くあるので、自分への戒めとして。

080311昼頃、車を走らせながら松本レディオを聞いていると、大利根?からのモーターグライダーが出て行く様子。
そこへ、どうも慣れない感じのR44が10NMでインバウンドの無線。しかし、どうも位置があやふや。NEと言ったり、NWと言ったり、NEと直したり、距離も増えたり減ったり。
アウトバウンドのモーターグライダーはSEバウンドなのだけれど気を使ってか西周り。
ちょうど後ろからドクターヘリがNEから相澤病院へ降下のため無線へ割り込み。
松本レディオはコリジョンするといけないので、R44へ位置確認するも判然とせず。松本レディオしかたなく、”4.5NM-NEの相澤病院へドクターヘリが降下中”とお知らせ。
そこへ、セスナがSEからインバウンド。
松本レディオはSEへアウトバウンドするモーターグライダーとコリジョンでインバウンドするセスナの位置確認&ベース進入指示。
ところが、今度はR44セスナが同時進入気味。

あなたなら、どうする?
Ans.----R44をダウンウインドでHold。

一番後から入ってきた、セスナが一番先に下りて、一番無線を使っていたR44が次。ドクターヘリはゆっくり患者を下ろしてから松本へ。

慣れないところへ行くときは、せめてポジションレポートだけはちゃんと出来るようにしようと心に誓いました。

GuamはClassDなのでレーダーで管理されていますから、平気で平行Runwayへ一度にクリアランスを出したりします。相手がHeavyだったりすると後方乱流含めて怖いです。
また、このR44のような場合、ホールドではなく先にショートフィールドで下ろしたりもします。

2008 03 11 11:35 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり相撲:

コメント

コメントを書く