« 春 | トップページ | 水も空気もこれっぽっち? »

2008.03.01

Pilots, crew reboard 'Gimli Glider' for final flight

リンク: Pilots, crew reboard 'Gimli Glider' for final flight.

この機体は1983年モントリオールからエドモントンに向け高度41,000FTを飛行中に燃料が無くなりGimli 空港にグライダーの滑空しながら着陸した飛行機。
速度 220KT , 降下率2,000FT/M , 滑空比12:1程度とのことなので、考え方によっては立派な滑空比ではないだろうか?C-172では9:1程度。
最終進入時に高度が高すぎるためフォワードスリップで高度処理を行い着陸したと言うから、これまたグライダーみたい。

しかし、動力機のエンジンアウトは余程の幸運でなければほとんどアウトなので、経験はしたくない・・・なぁ。

2008 03 01 04:45 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Pilots, crew reboard 'Gimli Glider' for final flight:

コメント

コメントを書く