« あ~あ・・・ | トップページ | Flight gunfire no sure disaster recipe | AP News »

2008.03.25

ケンウッド、ガーミン社と市販向けAV一体型ナビの独占販売協定を締結

リンク: PND*最大手ガーミン社と市販向けAV一体型ナビ独占販売協定を締結し協業は第二ステップへ協業ナビは2008年新製品群の出荷開始で累計20万台へ.

この正月の下記のような話に続いてケンウッドですね。
リンク: 風を聴け: Design News Japan | 【デトロイトモーターショー2008】松下電器、純正品カーナビでPND大手の米GARMIN社と提携.

どう違うのか良く判らないのですが、ケンウッドは”AV一体型ナビ”と言うところがポイントのようですね。
なんとなく、利権を切り売りしている感じがありますね。

以前、いいよねっと社がハンドヘルドGPSの国内販売権を得て販売を開始した頃、知り合いと「今は小さなマーケットで大手が手を出さないけれど、そのうち売れると見るや本体が日本支社を設立して・・・なんてあるかもね」と話したことを思い出します。

いいよねっと社でもたしかホンダのバイク用の組み込みGPSをやっていたように思いますが、そう言うマーケットを大手に持っていかれるのかな?
ハンドヘルドGPSは機能的には頭打ちなので、PNDと言う感じですが、PNDもOSはWindows系だろうし、他と差別化出来ないし、ましてGARMINの地図データ構造では日本では売れないだろうから、コア部分の切り売りになる感じだけれど・・・
カーナビがらみでGARMINと組して日本のメーカーにメリットはあるのだろうか??

セブンイレブンが運営ノウハウを買ってみたら、使い物にならず自分で構築して、最後はアメリカ本社を買い取ったなんてのもありますからねぇ。

(無責任な感想ですから本気にしないでくださいね)

2008 03 25 05:28 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ケンウッド、ガーミン社と市販向けAV一体型ナビの独占販売協定を締結:

コメント

コメントを書く