« 無駄に広い・・・・2 | トップページ | かいがらひろい »

2008.02.24

ちょっと、フライト

080224忘れないように飛んでおかないと・・・と言うことで、ちょっと、フライト。

C-152/N4642Qで南回りのフライトです。
途中、横井さんが隠れていたところの近くの、タロフォフォの滝の上を経由、ココス島からアプラ湾、戻ってT&Gでフルストップ。

42Qはトランスポンダが無いので、関連機があるたびに位置を聞かれ、関連機に伝えられます。
この日もココス島のあたりの訓練空域へ向かう51Lとココス島へ先に行っていた8ARへ42Qがウロチョロしていると伝えられます。
8ARはココス島で観光フライトをしていましたので、一緒にフライトです。と言っても、女性のお客さんを乗せたIさんは随分低いところを飛んでいます。
グライダーだったらなんでもない距離ですが、まぁ、慣れない機体なのであまり近寄らずに早々に引き上げです。
双方、CTの周波数のままなので、8ARへ離れる旨を伝えるために敢えてポジションレポートとアプラ湾経由のルートまでレポートします。

途中、サイパンからのコミューターが降りてきていたので、ホールディングの指示。場所を聞かれて唖然。ここ何処だっけ???ガンポイントの上なんだけれど、セーフティー・パイロットに「ここ何処でしたっけ?」と無様。

で、ベースに入るものの、さっきのコミュータに続かなければいけないのに、見えない。やっと、見えたときは地上滑走中。
さらに、8ARがストレートインしてくるとのことでトラフィックを探していたら、見つけたときにはコリジョン・コース。
慌てたおかげで、素直にファイナル・ターンすれば良いのに、一旦滑走路から逃げながら体制整えて、ファイナルに入りなおすと言う無様さ。
後で聞いたら、8ARはずっとこちらを確認出来ていたとのこと。一人迷走したという訳。あ~あ・・・。

まぁ、2回の着陸は指定地着陸はせず、旅客機みたいな接線着陸でOK。

どうってこと無いフライトだけれど、関連機との調整に判断ミス続出。ちょっと飛ばないとすぐにダメになる悲しさや・・・・。

ココス島までの直線飛行やベースレグとファイナルの角度はきれいなので、基礎的なところはいいっか・・・。

「080224.igc.kml」をダウンロード
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=http://gps.cocolog-nifty.com/mt/files/080224.igc.kml

2008 02 24 06:46 PM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと、フライト:

コメント

コメントを書く