« GPS+携帯電話のついたスニーカー | トップページ | 第47回全日本学生グライダー競技選手権大会開会式 »

2007.02.24

ACARSデコードソフト J-ACARS

リンク: ACARSデコードソフト J-ACARS.

「J-ACARSは航空機と地上とで行う無線データ通信を受信し、航空機の位置などを表示できるWindows用ソフトウエアです。
航空無線を受信できる受信機とパソコンのサウンド入力を接続するだけで使用することができます。」
Jacarsと言うことで、航空機からVHF帯のAM波を使ってフライトの状況をパケット・データ通信で地上に送るものを受信して、パソコンでデコード、表示すると言うものです。
データ通信と言うから専用周波数帯のデジタルかと思ったら、単なる航空無線のVHFのパケット通信と言うことで、意外に敷居の低いものでした。
おかげで、航空関係者なら一台や二台持っているVHF受信機の音声出力をパソコンのライン入力へ繋いで、このソフトを起動してあげるだけで、IFRでフライトしているラインの状況がわかります。

難点は、アナログ・パケット通信なので無線の方の品質が良くないと、きれいに受信できないことです。それと、音量調整です。AM波ですから音量が近くは大きく、遠くは小さくなりますので、その調整が面倒です。
家の外にきちんとしたアンテナを建て、音質まで管理できる無線機を使えば完璧ですが、ハンドヘルドの無線でも結構行けます。

雨の日の楽しみに、お一ついかがですか?

2007 02 24 12:52 AM [Glider] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ACARSデコードソフト J-ACARS:

コメント

ACARSのことは知っておりましたが、海外のソフトしか知りませんでした。
こんなに分かりやすい国産フリーソフトがあったのですね。
久々にハンディアマ無線機を取り出して試してみました。知識は皆無ですが、眺めていて飽きませんね。

投稿者: imr (Feb 24, 2007, 7:25:31 PM)

ソフトありがとうございます・

投稿者: (Mar 20, 2007, 8:32:58 PM)

コメントを書く