« 久しぶりの上高地 | トップページ | ぽくでかうさぎ »

2005.10.15

GARMINでWAASの観測

051015運輸多目的衛星MTSAT(エムティーサット)を利用した衛星補強システムMSAS(Multi-functional Transport Satelliteエムサス)のテスト送信が始まっていますので、eTrex Vista(オリジナル/日本語版)でテストをしてみました。
評価はアルプス社のプロアトラスで使われているGPSドライバ「GPSDRVR」を用いて、NMEA信号から2DRMSを計算して比較します。

画像はその時の様子の一部です。結論から言えば、”今日の観測では効果は定かではない”と言うことになりました。<<最後のオチを読んでね。

テストは本日15:40頃から約1時間の間。
衛星の補足条件を同じにするために、アンテナ中継器を使用。
2台のGPSの比較を行うために同時に計測。
補強信号信号を送信している衛星としてGPSが補足していた衛星は4742。(10/17一部修正)

この環境・条件で数回に渡って、DGPS:有り/無しを繰り返しましたが、精度の向上は明らかではありませんでした。
衛星の配置が悪くマルチパスの影響が大きい時などはむしろDGPSの方が精度悪化するような場合も見られました。
オリジナル/日本語版の差はNMEAでは無いように思われましたが、画面上の精度表示は明らかに基準が異なり、DGPS:有り/無し共に日本語版の方が精度が悪く出るようでした。

今のところ、精度補強信号のテスト送信であって、実際に補強信号が送信されている保証はありませんので、今日の観測を行った時間帯は補強信号としての意味は無かったのでしょう。

と、ここまで書いて気付いたのですが、4742番は運輸多目的衛星MTSAT(エムティーサット)では無くてハワイ沖のもので、日本では誤作動で逆効果になるものでした。MTSATは50番です。

今度の正式稼動を楽しみにしましょう。ははは・・・今日は観測失敗。

2005 10 15 05:20 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: GARMINでWAASの観測: