« 祝・ライセンス到着! | トップページ | 公開講座「グライダー・チャレンジ・アンデス2004」シンポジウム »

2005.02.06

グライダー移動体管理システム

冬眠中に開発を続けている"グライダー移動体管理システム(命名:GPRS: Glider Position Reporting System)"のフィールドテストを無線関係担当の沖山さんと行いました。
050206複数(4局)同時運用でデータの取りこぼし等が無いかが中心の確認ですが、問題が無いことが確認できました。
また、サービスエリアは標準のホイップアンテナ・車中運用で直線距離1Kmが得られましたので、空中ではおそらく十分なサービスエリアが確保できそうです。
さらに、擬似トランスポンダ・モードCとしてLCDへ機番・高度を表示する機能も順調に稼動しました。
今後、I/F BOXの無線への内蔵やLCDの表示方法の改善、マウント方法等を検討し、グライダーでのテストに入りたいと思います。

写真はGPSにGPS V日本語版、擬似トランスポンダ・モードC状態。グライダーの平面位置はGPSの画面に機番で表示、高度はLCDへ表示します。
LCDの表示の読み方は、"12261__670921FX 670" 1(受信状況)、2261(機番)、670(高度m)、9(受信状況・ロスト状態)、21FX(機番)、670(高度m) と言う様に読みます。

#結構、順調にテストが出来て大満足でしたが、信州まつもと空港の駐車場で怪しげなバラック状態の機器を広げてテストしましたので、警備の警察官の方が通るたびにビクビクしちゃいました。

2005 02 06 09:44 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: グライダー移動体管理システム:

コメント

コメントを書く