« 1/4世紀振りのマイコン製作 | トップページ | お誕生日オメデト »

2005.01.16

グライダー移動体管理システム

開発をはじめていた”グライダー移動体管理システム”ですが、デシタルデータ通信が可能なIC-U1とGARMIN GPSを使ってトランスポンダモードAもどきが出来る見通しが付きました。
ic-u1_gpsこのシステムのポイントは、位置の表示をGPSのディスプレイに任せた点で、非常に簡便なシステム構成で他機の位置関係がチェック出来ることです。
フライトサービスではパソコンを置かなくてもGPSの画面を使ってグライダーが何処に居るか一目瞭然です。
グライダーでは装備しているGPSの画面で他機の位置が確認できます。
今後、PICを使ったインターフェースの高機能化で面白いことも出来そうです。

システムの概要は:

○システム構成
・無線機 : iCOM IC-U1
・GPS : GARMIN GPS(地図表示のあるものが望ましい)
・I/F : IC-U1のNMEAとCall SginからWPLセンテンスを作成するの。

○使い方
・上記のセットをグライダー、フライトサービスに準備する。
・各無線にコールサインをセットする。
・各局の位置がGPSの地図画面ににコールサインで表示される。
 (ロストしてもGPS画面にフライトサービスが表示される。)

○使用資格・限界
・位置精度はGPSの精度(15m2drms)
・水平方向の位置表示(高度情報無し)
・サービス限界は無線出力(7W)のエリア以内
・アマチュア無線の資格必要

○課題
・I/FにPICを用いているが、5V電源がこれに必要になっている。
 これを電池ボックス付きで作ると少々邪魔なものになってしまう。
・PICのプログラミング次第で接近警報等の高機能化も可能。

2005 01 16 07:22 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: グライダー移動体管理システム:

コメント

コメントを書く