« 笠取峠の松並木 | トップページ | Digi Walker Mio 168用のデータケーブルを作る(案) »

2004.04.22

”菜の花”は何の花?

DSCF0054e.jpg

”桜”が終わると”菜の花”の季節ですね。八重桜も咲いていますね。お花見の忙しい季節です。
今日は出張の途中で見かけた、堀金村にある道の駅「ほりがねの里」の隣の菜の花畑です。
”菜の花”と言うと長野県では飯山市が有名ですね。ここの菜の花は休耕田を1haくらいまとめて”菜の花”畑にしていました。ちょうど、道側からは背景に常念岳が入り絶好の写真スポットと言うこともあり、平日にもかかわらず結構沢山の人が写真を撮ったり写生をしたりしていました。

で、今日のお題は”菜の花”は何の花?と言うわけです。
だって、「菜の花って言ったら、菜の花でしょ?」と同僚は言いますが、「菜の花ってアブラナ科の花の総称でしょ?」と言うちょっと植物に詳しい同僚の指摘もあります。
いや、「飯山では特産の野沢菜の花らしい」と言う、もっともらしいことを言う輩もいます。結局のところ、油取り用のアブラナかセイヨウカラシナの花と言うのが正解らしいですね。
とまぁ、そんなわけで(ってどう言う展開だ?)今日のお昼は同僚が持ってきたカラシナをさっと茹でておひたしにして食べていました。

菜の花は蕾のうちにおひたしにして食らてしまふのも一興なりとおもひたり。。。。

2004 04 22 06:48 PM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ”菜の花”は何の花?:

コメント

コメントを書く