« GuamでMio168 | トップページ | やっぱり、リゾート »

2004.03.24

浜本農園でMio168

IMG_0448e.jpg

何時だったかとあるところで”「なかざわかずお。」は複数ライターのコラボレーション”と誤解している節のある方がいました。
先日も知り合いが”いったい、何時間くらい寝ているんですか?”と聞くので、”6時間くらいかなぁ”と答えたら、”じゃ、普通ですね”って怪訝そうに言うので、そんなに四六時中何か書いているように見えるかなぁと思った次第です。

一人でやっています。はい。でも、ここのところとっても忙しいです。

ま、それくらいにして、今日はMio168をレンタカーに付けてGuam島のホテル街の反対側にある”濱本農園(トロピカル・フルーツ・ワールド)”と言う観光農園行って来ました。
経営者の濱本さんは四国の出身の方で、ポジティブで気さくな方です。
ここのところGuamに来る度、伺って農園で採れたトロピカルフルーツを食べさせて頂いたり、自家製のジュースなども頂いています。
Guamって通り一遍で短期間の観光客が多いせいか、リピーターになると違った楽しみがありますね。

そのあとは、”チャモロ・ビレッジのウエンズデイ・パーティー”です。
”チャモロ”と言うのはGuam島の原住民の方のことで、”チャモロ・ビレッジ”は今年は巨人軍のキャンプがあったパセオ球場のすぐ脇にあるお土産屋さんの村のことです。
ここでは毎週水曜日に夜店が出て賑わいます。日本人がこれだけGuamに来ていても、ここではあまり見かけ無いのが不思議ですが、普通のGuamのイメージとちょっと違って好きです。
ここに”チェ・ルー”と言う民芸お土産屋さんがあります。ここのおとうさん、おかあさんとは、3年間偶然このパーティーで知り合いました。
村の中を歩き疲れて、このおとうさんのやっていた出店のかき氷を買おうとしたら、話が弾んで、聞けばサイパンの出身でおばあちゃんは日本の病院の看護婦さんをしていたとか。もっと話をしましょうと、お土産屋さんまで伺うと、おばあちゃんと電話でお話までしてしまいました。
サイパンって大東亜戦争のころは日本の統治時代があったので、親日家が多いんですね。

書き始めてしまうときりがありませんので、今日はこれまで。

2004 03 24 11:07 PM [etc] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 浜本農園でMio168:

コメント

コメントを書く