« GEOCACHING(ジオキャッシング)の楽しみ方 | トップページ | GuamでMio168 »

2004.03.21

Mio168と武夷岩茶

IMG_0360e.jpg

桜の便りも聞かれはじめいかがお過ごしでしょうか?
春は何かと忙しいのですが、ご多分に漏れず私も忙しい毎日を送っています。
如何せん、転勤で引越しはしなければならないは、グライダーの試験はあるは・・・です。仕事は???って、それはもうとにかく忙しいです。
昨日も引越しをした後、長野滑空場で一本飛んで、今日は東京で試験、午後マイタック・ジャパン社さんとお昼をご一緒させていただきました。

そう、SPA社さん経由でお借りしているMio168の製造・発売元のマイタック・ジャパン社さんとランチミーティングでした。
と言っても、GPS-PDAの1ユーザーとしてどんな風に使っているかと言うお話です。
個人的には台湾の企業がオリジナルブランドのPDAを発売しておられる話や、ヨーロッパでの販売の様子や今後のロードマップなど興味深く聞かせて頂いたと言うのが本当のところかな?

Mio168はここのところ車に常設にして、GarmapCEでナビゲーションに使っています。
これまでも書いた通り、メモリスロットを地図データに使ってしまうと通信環境が作れなくなってしまうあたりがちょっと弱点ですが、ハード的には使いやすいので簡易的なカーナビに重宝しそうです。
そんなわけで、今日は、応用ソフト次第でもっと生きるでしょうねと言う例に、グライダー用のナビゲーションソフトのWinPilotをご紹介しました。
日本ではグライダー人口が少ないのでちょっとマーケット的には厳しいのですが、PDAナビが爆発的に伸びているヨーロッパ、特にドイツではグライダー人口も多くこう言ったマーケットも面白いかな?とも思います。

写真はMio168WinPilotをインストールして表示しているところです。
バックは”武夷肉桂”と言う中国茶(武夷岩茶の最高峰)でこれがまた美味い!ってGPSとは無縁です。はい。

2004 03 21 08:11 PM [GPS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Mio168と武夷岩茶:

コメント

コメントを書く